GETTY

Photo: GETTY

オジー・オズボーンは新作の発売を記念して「レジェンド・オブ・オジー」という8ビット・ゲームが公開されている。

オジー・オズボーンの最新作『オーディナリー・マン』は10年ぶりのスタジオ・アルバムとなっている。

ゲームは血液を獲得しながら、狼や悪魔、障害を避けてヘルス・ポイントを減らさずに生き残るものとなっている。

ゲームはこちらから。

https://legendofozzy.com/

『NME』は五つ星のレヴューで、ジョーダン・バセットは次のように述べている。「メタル・アイコンは10年ぶりとなるアルバムで血管の中のクイックシルヴァーとなっている」

「病気が影を落とすことはなく、今なお絶対的な勢いを持つオズの魔法使いは、けたたましい通算12作目のソロ作で注目すべき存在であり続けている。

先日、オジー・オズボーンは自身が2003年からパーキンソン病を患っていたことを明かしている。

オジー・オズボーンは昨年転倒して怪我を負った後、パーキンソン病のII度と診断されたことを明らかにしている。オジー・オズボーンは自宅で真夜中にトイレに起きた際に転倒して、2003年のバイク事故で負った怪我を治療するために埋め込まれていた金属のインプラントを損傷している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ