GETTY

Photo: GETTY

ディスクロージャーは今週3曲目となる新曲“Expressing What Matters”をリリースしている。

ガイ・ローレンスとハワード・ローレンスからなるディスクロージャーは単独名義では2018年以来となる新曲“Ecstasy”をキッチン・ミックスと共に公開しており、続けて新曲“Tondo”も公開していた。

現地時間2月26日にもインスタグラムでディスクロージャーは更なる新曲のアートワークを公開する試みを続けている。

続けて、ディスクロージャーは公式YouTubeで新曲“Expressing What Matters”を公開している。

“Expressing What Matters”の音源はこちらから。

“Expressing What Matters”ではボズ・スキャッグスが1976年にリリースした楽曲“Lowdown”のサンプリングが使用されている。

「オリジナルにある、すごくソウルフルなバッキング・ヴォーカルに焦点を絞ってみようと思ったんだ」とディスクロージャーはツイートしている。「それが結局、中心となったんだ。限界までいじってみたんだ」

先週、ディスクロージャーは新たな音源とライヴで「まもなく」戻ってくることもファンに約束している。

当時、彼らは次のようにニュースレターで述べていた。「長い間にわたってスタジオで懸命に取り組んできたけど、まもなくエキサイティングなニュースがあるよ。最新情報を得るためにソーシャル・メディアに注目していて」彼らはまた今後数ヶ月で「世界各地で多くの公演」を行うことを約束している。

ディスクロージャーはコーチェラ・フェスティバル、プリマヴェーラ、ラヴボックスといったフェスティバルに出演することも既に決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ