GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズのジョージ・ハリスンは77回目の誕生日を記念してリヴァプールに新たな記念施設がつくられることが発表されている。

リヴァプール市議会とジョージ・ハリスンの遺産管理団体によって発表されたこのプロジェクトは、ジョージ・ハリスンを讃えた森をつくるものとなっている。

ジョージ・ハリスン・ウッドランド・ウォークはジョージ・ハリスンが生まれて幼少期を過ごした場所に近いアラートンの郊外につくられる。

2021年に完成次第、この森ではジョージ・ハリスンの歌詞と人生をインスピレーションとしたアートのインスタレーションが展示される。

地元のアーティストから自身のアートへのアイディアの募集も行われており、生徒たちが自然界について学ぶことを手助けする「自然教室」も開催される。

ジョージ・ハリスンの妻であるオリヴィア・ハリスンは次のように述べている。「ジョージは屋外にいることに癒やしと楽しみを見出す熱心な園芸家でした。リヴァプールで彼をしのぶにあたって、みなさんに平穏と内省の場所となるガーデンをつくること以上の方法があるとは思えません」

「これからの年月でそれが変化し、成長していくのを見るのが楽しみです」

リヴァプール市長のジョー・アンダーソンは次のように述べている。「最も愛されてきた人の一人を市として適切な形で祝福するのが市長である私の願いの一つでした。なので、ついにジョージ・ハリスン・ウッドランド・ウォークを発表できることに喜び余っています」

「この場所は美しく、今後数ヶ月で発表されるこのエリアに対する計画に興奮しています。ふさわしくもジョージの人生や愛、その影響を記念した恒久施設をついに持つことができます」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ