GETTY

Photo: GETTY

クイーン+アダム・ランバートは現地時間2月16日にシドニーで行われたオーストラリアの大規模な森林火災のためのチャリティ・コンサート「ファイアー・ファイト・オーストラリア」で1985年のライヴ・エイドと同じセットリストを披露している。

クイーンはソーシャル・メディアで「史上初めて」オリジナルでは22分に及ぶパフォーマンスを行ったと投稿している。

この投稿をInstagramで見る

👑 For The First Time In Its History, Queen, Fronted By Singer @adamlambert will perform the Band’s Iconic 1985 Live Aid Set tonight for Fire Fight Australia Benefit Concert! 👑 Queen will perform in full its original 22 minute Live Aid set. The six-song set includes Bohemian Rhapsody, Radio Ga Ga, Hammer To Fall, Crazy Little Thing Called Love, We Will Rock You and We Are The Champions, and is widely regarded as one of the greatest live performances of all time! Fans can follow the event here on @firefightaustralia 🧡 Please donate over at ➡️www.firefightAustralia.com The sold-out event will air live in Australia on Channel 7 and 7plus, and FOX8 and Foxtel GO from 1pm AEDT on Sunday 16 February. UK audiences will be able to see selected highlights on Sky One HD from 8pm on Monday 17th February. #Queen #QAL2020 #firefightaustralia

Queen(@officialqueenmusic)がシェアした投稿 –

ファイアー・ファイト・オーストラリアでクイーンはウェンブリー・スタジアムで行われたライヴ・エイドでフレディ・マーキュリーがコール&レスポンスを行う映像も流しており、最後は観客に「ファック・ユー」と言うところも使用されている。

ブライアン・メイはファイアー・ファイト・オーストラリアへの出演を打診された際、「ライヴ・エイドのようなもの」になると語っていた。

当日の模様はこちらから。

ファイアー・ファイト・オーストラリアはオーストラリアでテレビ放送も行われている。UKでは2月17日20時より抜粋の映像がスカイ・ワンで放送されることが決定している。

ファイアー・ファイト・オーストラリアにはクイーンのほか、アリス・クーパー、K.D.ラング、ローナン・キーティング、マイケル・ブーブレらも出演している。

オリヴィア・ニュートン・ジョン、ダリル・ブレイスウェイト、ヒルトップ・フーズ、アイスハウス、エイミー・シャーク、ベイカー・ボーイ、北京ダックといったオーストラリアのアーティストもイベントには出演している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ