T Group Productions

Photo: T Group Productions

オジー・オズボーンは自身が2003年からパーキンソン病を患っていたことを明かしている。

現在71歳のオジー・オズボーンは昨年2月に転倒して怪我を負った後、パーキンソン病のII度と診断されたことを発表していた。

しかし、今回パーキンソン病をもっと前から患っていたことを明かしている。

オジー・オズボーンは『ロサンゼルス・タイムズ』紙に次のように語っている。「俺はパーキンソン病だけど生きている。人生の多くをそれと共にしてきたんだよ。何度も死から逃れてきたわけでね。もし明日になって新聞に『オジー・オズボーンが今朝永眠しました』なんて書いてあったとしてもさ、みんな『なんてことだ!』とはならないだろうね。こう感じるはずだよ。『そうか。ついに死が彼に追いついたんだな』ってね」

オジー・オズボーンは次のように続けている。「みんなは俺のことを何度も見限るけれど、復活し続けてきたわけでね。これからも戻ってくるつもりだよ。いつかって? それは分からないけどね」

オジー・オズボーンは、先月「グッド・モーニング・アメリカ」に出演した際にパーキンソン病のことを初めて明かしている。

「僕らにとってかなり過酷な体験になったよ」と彼は当時語っている。「大晦日にザ・フォーラムで行ったライブが最後のライブになっている。それから転落事故を起こしてね。全神経を捻られるような首の手術を受けなくてはならなかった」

「11か月前の自分は、本当にひどい状況だった。術後に必要な大量の薬を服用していたよ」

「手術のおかげで腕の感覚がなくなって、足が冷たいような感じでね。それがパーキンソン病だとは分からなかったんだよ」

オジー・オズボーンは闘病しながらもニュー・アルバム『オーディナリー・マン』を2月21日にリリースすることが決定しており、先日エルトン・ジョンとのデュエットとなる表題曲“Ordinary Man”が公開されている。

オジー・オズボーンは10月に延期されていたUKアリーナ・ツアーを行う予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ