GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイはイギリス国立宇宙センターで新年に360度の没入型ライヴ体験ができる催しが開催される予定だという。

「ボウイ:オディティ・トゥ・マーズ」と題されたイベントは1月10日・11日にナショナル・スペース・センターのサー・パトリック・ムーア・プラネタリウムでデヴィッド・ライヴという5人編成のトリビュート・バンドがパフォーマンスするものとなっている。

トリビュート・バンドはデヴィッド・ボウイの1969年から1972年の楽曲を演奏するとのことで、ウェブサイトではこの時期について「『スペイス・オディティ』から『ジギー・スターダスト』までのボウイの実験期とアポロ月面着陸という両方をカヴァーする重要な期間」と説明している。

そこではレスターのデ・モントフォート大学、ラフバラー大学、レスター・カレッジとの特別なパートナーシップによるデヴィッド・ボウイにちなんだ展示も行われるという。

デ・モントフォート大学で助教授を務めるポール・マクニコルはこの催しについて次のように述べている。「この楽しみなイベントについてイギリス国立宇宙センターと協力できることを喜んでいます。このイベントは我々のファッション&テキスタイルの修士課程を学ぶ学生にとって計り知れないプラットフォームを提供してくれるものです」

「アポロ計画とデヴィッド・ボウイの作品にちなんだこのイベントはファッション、テキスタイル、インティメイツ、フットウェア、アクセサリーにまたがる革新的なデザインを展示するものとなります」

デヴィッド・ボウイは11月15日に5枚組CDボックス・セット『カンヴァセーション・ピース』がリリースされている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ