GETTY

Photo: GETTY

クラフトワークは2020年のオール・ポインツ・イーストでヘッドライナーを務めることが発表されており、同日にはイギー・ポップ、ジョニー・マー、アンナ・カルヴィ、キム・ゴードンらが出演することも決定している。

クラフトワークは5月29日にオール・ポインツ・イーストで「クラフトワーク・イン・3D」のステージを行うことが決定しており、この公演は2020年唯一のUKでの公演になるという。

2020年のオール・ポインツ・イーストについては先日、最初のヘッドライナーとしてテーム・インパラが出演することが発表されている。

2019年でヴィクトリア・パークに戻ってきて2年目となったオール・ポインツ・イーストだが、今年はザ・ストロークス、ケミカル・ブラザーズ、クリスティーヌ&ザ・クイーンズ、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、マムフォード&サンズがヘッドライナーを務めていた。

2020年のオール・ポインツ・イーストでは人気のイベントであるイン・ザ・ネイバーフッドが復活することも明らかになっている。5月25日からスタートするイン・ザ・ネイバーフッドは地元の企業や団体、商店とのコラボレーションによるアクティヴィティやエンタテインメントを4日間にわたって展開する。

今年10月、クラフトワークはロックの殿堂入りの候補となっていることが発表されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ