GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは可能な限り環境面でやさしいものにするために、ツアーの行い方を考える時間をとりたいと考えていることを明かしている。

BBCニュースに対してフロントマンであるクリス・マーティンはツアーを持続可能なものにして、環境を破壊しないようにするために時間をとりたいと語っている。

クリス・マーティンは次のように語っている。「僕らのツアーが実際に有効性のあるものにできるか時間をとっているところなんだ。僕らはみな、自分の仕事をやる最良の方法を見つけ出さなければならないんだよ」クリス・マーティンは今後のツアーをすべて「ポジティヴな影響を与える」ものにしたいとして、次のように続けている。「次のツアーは環境面で可能な限り最善のものになるよ。カーボン・ニュートラルじゃないと残念だと思うだろうからね」

「現時点で大規模なツアーをたくさんやってきたわけでね。吸収が排出ほどじゃないのなら、それをどう変えていくかっていうことだよね」

クリス・マーティンはコールドプレイのダブル・アルバムとなる新作『エヴリデイ・ライフ』も環境について自身が考えているところが反映されていると語っている。アルバムは明日11月22日にリリースされる。

「世界中を旅する有り難い機会があると、僕らはみんな同じなんだということが分かるわけでね。このアルバムは穏やかなイギリス人らしい語り口で、地球上の人間を違うとは思わないということを言っているんだ」

コールドプレイは昨日、アードマン・アニメーションズが手掛けた“Daddy”のミュージック・ビデオが公開されている。エイサ・ルキャンダーが手掛けた全編エイサ・ルキャンダーが手掛けた全編5分のこのミュージック・ビデオは海で迷子になった少女が1人、ボートで見知らぬ場所を進んでいくというものになっている。

「コールドプレイのためにビデオを手掛けられたことはこの上ない名誉です」とエイサ・ルキャンダーは述べている。「初めてこの曲を聴いた時、私の深い部分に訴えかけてくるものを感じました。聴いてすぐに物語が思い浮かび、心の中の目でイメージが形作られていきました。このようなことが起きた時に感じるのは、自分が本当に特別なものに参加しているのだということです! 私は感情に訴えるような物語が好きで、これこそまさに自分が伝えたかったものだとすぐに分かりました」

コールドプレイは新作より新曲“Champion Of The World”のリリック・ビデオも公開されており、同曲にはフライトゥンド・ラビットのフロントマンである故スコット・ハッチソンの名前が共作者としてクレジットされている。

“Champion Of The World”のリリック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ