Aardman Animations

Photo: Aardman Animations

コールドプレイは来たるニュー・アルバム『エヴリデイ・ライフ』よりアードマン・アニメーションズが手掛けた“Daddy”のミュージック・ビデオの全編と新曲“Champion Of The World”が公開されている。

アードマン・アニメーションズは「ウォレスとグルミット」シリーズや映画『チキンラン』などの制作で知られるスタジオで、今回、実写の人形やデジタルで描いたセット、2Dのアニメーションを用いて父親との記憶に思いを馳せる少女の世界観を作り上げている。

アードマン・アニメーションズのエイサ・ルキャンダーが手掛けた全編5分のこのミュージック・ビデオは海で迷子になった少女が1人、ボートで見知らぬ場所を進んで行くというものになっている。

“Daddy”のミュージック・ビデオはこちらから。

「コールドプレイのためにビデオを手掛けられたことはこの上ない名誉です」とエイサ・ルキャンダーは述べている。「初めてこの曲を聴いた時、私の深い部分に訴えかけてくるものを感じました。聴いてすぐに物語が思い浮かび、心の中の目でイメージが形作られていきました。このようなことが起きた時に感じるのは、自分が本当に特別なものに参加しているのだということです! 私は感情に訴えるような物語が好きで、これこそまさに自分が伝えたかったものだとすぐに分かりました」

「“Daddy”は典型的なシングルではありませんが、私たちはずっと、楽曲がまるで物語を持っているかのように感じられるようなビデオを作りたいと思ってきました。エイサと彼女のチームは素晴らしい仕事をして、この物語に命を吹き込んでくれたのです」とコールドプレイのクリエイティヴ・ディレクターを務めるフィル・ハーヴェイは述べている。

コールドプレイは新作より新曲“Champion Of The World”のリリック・ビデオも公開されており、同曲にはフライトゥンド・ラビットのフロントマンである故スコット・ハッチソンの名前が共作者としてクレジットされている。

“Champion Of The World”のリリック・ビデオはこちらから。

コールドプレイは先月、実験的な二部構成の新作についての詳細を発表しており、“Orphans”と“Arabesque”といった楽曲を公開している。

一方、フロントマンのクリス・マーティンは現地時間11月13日、バンドが50周年となる来年のグラストンベリー・フェスティバルに出演しないことを明らかにしている。

彼は次のように語っている。「グラストンベリーの50周年には出演しないよ。と言っても、あそこに行くのは大好きだから会場には行くと思うけどね。僕らのホームのような場所なんだ……けど、出演はしないよ」

コールドプレイはニュー・アルバム『エヴリデイ・ライフ』を11月22日にリリースすることが決定している。バンドはニュー・アルバムのリリースを記念して現地時間11月25日にロンドン自然史博物館で公演を行うことが決定しているほか、新作のリリースに合わせて11月22日にヨルダンで2公演を行うことも発表されている。このライヴはアルバムを全編演奏するもので、YouTubeで生中継されることが決定している。

また、コールドプレイは所属レーベルによれば、既に来たる新作『エヴリデイ・ライフ』に続く次回作を見据えていることも明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ