GETTY

Photo: GETTY

コールドプレイは所属レーベルによれば、既に来たる新作『エヴリデイ・ライフ』に続く次回作を見据えていることが明らかになっている。

クリス・マーティン率いるコールドプレイは2015年発表の前作『ア・ヘッド・ フル・オブ・ドリームズ』に続くダブル・アルバムとなるニュー・アルバム『エヴリデイ・ライフ』を11月22日にリリースすることが決定している。新作からはこれまでに表題曲となる“Everyday Life”のほか、“Orphans”や“Arabesque”といった楽曲が公開されている。

新作のリリースに先駆けて、コールドプレイが所属するパーロフォンの共同社長であるマーク・ミッチェルは彼らが遅かれ早かれ次なるフル・アルバムの制作に取り掛かることになると示唆している。

「まだ何も決定していることはありませんが、私たちに言えるのは、このアルバムに続く次回作にいち早く取り掛かりたいという気持ちがあるということです」と彼は『ミュージック・ ウィーク』誌に語っている。

「(『エヴリデイ・ライフ』は)急ピッチで制作されました。彼らは夏の間じゅう楽曲制作に取り組んでいたため、このアルバムには入り切らなかったアイディアが豊富にあるのです。彼らはいち早くこれらのアイディアに取り掛かり始めたいと思っています」

次なるアルバムについて『エヴリデイ・ライフ』と関連した作品になるかと訊かれると、同じくパーロフォンの共同社長であるニック・バージェスは次のように語っている。「今回の姉妹作にはならないと思います。このアルバムはバンドが普段の体系から外へ出て制作したものになっていると言えますから」

コールドプレイはニュー・アルバムのリリースを記念して現地時間11月25日にロンドン自然史博物館で公演を行うことが決定しているほか、新作のリリースに合わせて11月22日にヨルダンで2公演を行うことも発表されている。このライヴはアルバムを全編演奏するもので、YouTubeで生中継されることが決定している。

一方、フロントマンのクリス・マーティンは先日、バンドが50周年となる来年のグラストンベリー・フェスティバルに出演しないことを明らかにしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ