GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは気候変動に対する運動に参加することで来たるワールド・ツアーのチケットを無料で入手できるキャンペーンを発表している。

ビリー・アイリッシュは来年、7月にロンドンのO2アリーナで行う4公演を含む『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』のアリーナ・ツアーを行うことが決定している。

ビリー・アイリッシュはワールド・ツアーの発表に際してツアーを「可能な限り環境に配慮した」ものにする計画を明かしており、気候変動についてや、それに対して行動を起こすことの重要性を学ぶことのできる「ビリー・アイリッシュ・エコ・ヴィレッジ」と名付けられたブースがすべての会場に設置されることも決定している。

今回、ビリー・アイリッシュは非営利団体「グローバル・シチズン」とパートナーシップを結んだことを明らかにして、同団体の「リワード・プログラム」の一環として無料で自身の公演のチケットをプレゼントするキャンペーンを行うことを発表している。

ビリー・アイリッシュは現地時間11月8日にツイッターでグローバル・シチズンとのパートナーシップを発表して、次のように述べている。「『グローバル・シチズン』という素晴らしい団体と協力して、『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』ツアーのチケットを確保するための方法を思いついたの」

彼女は続けてグローバル・シチズンのキャンペーン・ページへのアクセスを促して、プラスチック汚染や地球温暖化、気候変動を初めとした環境問題について学んでくれるように呼びかけている。

「私たちはこれらの困難に立ち向かうことができるし、さらに持続可能な世の中を作ることができるのよ」とビリー・アイリッシュは投稿を締めくくっている。

ビリー・アイリッシュによる投稿はこちらから。

先日、ビリー・アイリッシュは来年のワールド・ツアーに向けて、環境保護のための活動を行っている非営利団体である「リヴァーブ」とパートナーシップを結んだことを明かしている。「リヴァーブの人に協力を仰ぐ予定なの。様々な物事を、最も健全で環境に配慮した方法で行うことを専門にしている人たちよ」と彼女は「ザ・トゥナイト・ショウ・ スターリング・ジミー・ファロン」に出演して語っている。

「プラスティックのストローは禁止するわ。ファンのみんなには水筒を持ち込んでもらうようにして、至る所にリサイクルできる缶の飲料も用意する。リサイクルできるのであれば、それ用のゴミ箱さえ準備できれば問題ないわけでね」

一方、ビリー・アイリッシュは今週“everything I wanted”と題したニュー・シングルをリリースすることを発表している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ