PRESS

Photo: PRESS

マイ・ケミカル・ロマンスが再結成ライヴを行うことを発表したことを受けてミュージシャンを初めとしたファンが反応を示している。

マイ・ケミカル・ロマンスは2013年に解散を発表して以来、再結成が長らく待ち望まれていた。マイ・ケミカル・ロマンスについては今年、ジョー・ジョナスが彼らについてニューヨークで自身の隣でリハーサルを行っていたと語って以来、再結成の噂が取り沙汰されることとなっており、ギタリストであるフランク・アイエロによって再結成の噂は否定されていたものの、「何事も可能性はある」とも語られていた。

マイ・ケミカル・ロマンスは現地時間10月31日、12月20日にロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで再結成ライヴを行うことを発表している。この公演は彼らにとって2012年以来の公演となっており、チケットは日本時間11月2日午前4時より以下のサイトで発売される。

「本当に実現するなんて信じられない!」とあるファンは述べているほか、別のファンは次のように述べている。「この時を何年も待っていたよ。この日が来るなんて思ってもみなかった」また、著名人のファンらも彼らの再結成のニュースに反応を示しており、ビリー・アイリッシュや彼女の兄であるフィニアス・オコンネル、リンキン・パークのマイク・シノダらがソーシャル・メディアでこのニュースに言及している。

ソーシャル・メディアでのファンらの反応はこちらから。

「マイ・ケミカル・ロマンス再結成のニュースを聞いた時の私」

「マイ・ケミカル・ロマンスが戻ってくる。10代の頃の自分が時代を超えて叫んでいるのを感じる」

「それから、(11月1日の)“Fine”のリリースとは関係ないけれど、おかえり、マイ・ケミカル・ロマンス。マイ・ケミカル・ロマンスとの公演はこれまででお気に入りの公演の一つだよ。ジェラルドと仲間たちにありったけの愛を送るよ」

「マイ・ケミカル・ロマンスの再結成が発表された時はどこにいましたか? マイ・ケミカル・ロマンス・ファンの仲間たちと集まって祝福しましょう!」

「私:もうエモじゃないわ。
 マイ・ケミカル・ロマンス:再結成するよ。
 私:」

「マイ・ケミカル・ロマンスが再結成することを知った時の僕」

「マイ・ケミカル・ロマンスの復活が発表された後の僕」

「参ったな……2019年のハロウィンが『マイ・ケミカル・ロマンス再結成の日』になったよ」

「マイ・ケミカル・ロマンスがハロウィンに発表したニュースはきっとハロウィン史上最高の贈り物ね」

「マイ・ケミカル・ロマンスが復活することが分かった後の私」

マイ・ケミカル・ロマンスは解散するまでに4枚のアルバムをリリースしている。彼らは今年、『スウィート・リベンジ』と『ザ・ブラック・パレード』がそれぞれ15周年と13周年を迎えており、アニヴァーサリーに合わせて再結成したのではないかと見られている。彼らは2020年にワールド・ツアーを開催することやフェスティバルへの出演も期待されているほか、2010年発表のアルバム『デンジャー・デイズ』に続くニュー・アルバムのリリースも待望されている。

メンバーであるジェラルド・ウェイやレイ・トロ、マイキー・ウェイ、フランク・アイエロはマイ・ケミカル・ロマンスの解散後、それぞれソロ・プロジェクトやサイド・プロジェクトで成功を収めている。

フロントマンであるジェラルド・ウェイはネットフリックスで映像化もされているコミック・シリーズ『ジ・アンブレラ・アカデミー』で成功を収めているほか、昨年にはタートルズの“Happy Together”のカヴァーを初め、レイ・トロが参加した“Getting Down The Germs”、ハロウィンをテーマにした“Baby You’re A Haunted House”といった一連のシングルをリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ