Andy Ford/NME

Photo: Andy Ford/NME

フォールズは『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト・パート2』でバンドにとって初となる全英アルバム・チャートの1位を獲得している。

このニュースは現地時間10月25日にバンドのインスタグラムでも発表されている。この栄誉についてフロントマンであるヤニス・フィリッパケスは次のように語っている。「やあ、みんな。今週アルバムを買ってくれたことにすごく感謝しているよ。今週ついに1位を獲ったんだ。ずっと待ち望んでいただけに、それだけの価値があるよ」

彼は次のように続けている。「長年に及ぶすべての応援にすごく感謝しているし、僕らと同じくらいみんなもこのアルバムを好きになってくれることを願っているよ」

この投稿をInstagramで見る

thankyou for making pt. 2 #1 🏴‍☠️ foals forever x

FOALS(@foals)がシェアした投稿 –

最新作について『パート1』と比較してヤニス・フィリッパケスは次のように語っている。「音楽的な観点から言えば、『パート2』は完全に充電されたものだと言えるよ。前半に関しては、これまでで最もエネルギッシュで容赦のない楽曲が順番に詰め込まれていると言えると思う」

「2枚の関連としては、『パート1』がよりテクスチュアルでダンサブルな、周囲で起きていることを観察したような歌詞が書かれたものになっている一方で、『パート2』は走っている感じなんだ。不安だったり、偏執的な要素が入っているんだよ。『パート1』の残骸から自分自身を引き上げて、埃を振り払うようなものになっているんだ」

フォールズは2020年のUKツアーに参加するサポート・アクトの更なる詳細を発表しており、ロンドン、ブラックプール、エジンバラでの追加公演も発表している。

来年のツアーではエヴリシング・エヴリシングがサポート・アクトを務めることが先日発表されていたが、今回、バトルスがカーディフ公演を除いたすべての公演に出演することが発表されている。

『NME』によるフォールズのロング・インタヴューはこちらから。

https://nme-jp.com/feature/80403/

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ