GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストロークス、ガンズ・アンド・ローゼズ、トラヴィス・スコットは2020年に行われる南米のロラパルーザでヘッドライナーを務めることが発表されている。

南米のロラパルーザは2020年3月27日から29日にわたってアルゼンチンのブエノスアイレスとチリのサンティアゴで開催された後、翌週の4月3日から5日にわたってブラジルのサンパウロで開催される。

南米のロラパルーザは現地時間10月10日に来年のヘッドライナーを務める3組のアクトを含む3日間を通じた全ラインナップを発表して、ラナ・デル・レイやマーティン・ギャリックス、グウェン・ステファニー、ヴァンパイア・ウィークエンド、ジェイムス・ブレイク、ブロックハンプトン、レックス・オレンジ・カウンティらが出演することも明らかになっている。

発表された2020年のラインナップは以下の通り。

2020年に行われる南米のロラパルーザのチケット情報やその他の国で開催されるロラパルーザーについての情報はこちらから。

https://global.lollapalooza.com/

ザ・ストロークスは来年、南米のロラパルーザに出演するまでにニュー・アルバムがリリースされる可能性が浮上している。ギタリストであるニック・ヴァレンシは先月、2013年にリリースされた『カムダウン・マシーン』に続く待望の新作が完成したことを匂わせている。現時点でのザ・ストロークスによる最新のリリースは2016年に発表されたEP『フューチャー・プレゼント・パスト』となっている。

一方、トラヴィス・スコットは先日、新曲“Highest In The Room”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Highest In The Room”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ