Michael Spencer Jone

Photo: Michael Spencer Jone

ノエル・ギャラガーリアム・ギャラガーはともに、エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画を制作したチームによるオアシスのドキュメンタリーに参加する予定であることが明らかになっている。

制作会社「オン・ザ・コーナー」のジェイムス・ゲイ・リーと監督のアシフ・カパディアは、大きな成功を収めた映画『エイミー』に続く作品に取りかかっていて、オアシスの初期からの成功をまとめた新たな映画になるという。映画制作サイドはオアシスと未公開のアーカイヴ映像について「これまでにない」権限を与えられることになったと言われている。

今回、『ザ・ガーディアン』紙は、ギャラガー兄弟がともに「お気に入りの思い出を明かし、インタヴューで見解を述べることに合意した」と報じている。

本作品では、アシフ・カパディアがエグゼクティブ・ディレクター、そしてマット・ホワイトクロスが監督を務める。マット・ホワイトクロスはコールドプレイのミュージック・ビデオを何本も手掛け、2012年の映画『スパイク・アイランド(原題:Spike Island)』の監督も務めている。

映画ニュースサイト「スクリーン・デイリー」が報じたところによると、このドキュメンタリー映画の立ち上げが行われるのは映画会社インディペンデントが主催する業界イベントAFMで、イベントの期間は11月4日から11日となっている。

インディペンデントの代表であるアンドリュー・オーは以下のように話している。「オアシスは紛れもないイギリスのクラシックなロック・バンドであり、世界中で7000万枚ものアルバムを売り上げ、現代のサウンドを作り上げたバンドです。中心となっているのは2人のイギリス史上最高のロック・スター、リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーです。マット・ホワイトクロスの繊細さと撮影スタイルは、この素晴らしいロック・バンドの成功の物語にうってつけでしょう」

UKボックス・オフィスのチャートによると、エイミー・ワインハウスの映画『エイミー』は歴代興行収入第2位のドキュメンタリー映画となっており、総額344万ポンド(6億4千万円)の売り上げを記録している。さらに本作は、アシフ・カパディアの受賞作『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』も上回っている。

オアシスは2009年に解散しており、今年再結成の可能性についての噂が取り沙汰されている。

先月、ノエル・ギャラガーはグラストンベリー・フェスティバルでの再結成について「必要な金が払われない」と語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ