GETTY

Photo: GETTY

クイーン+アダム・ランバートは2020年にUKを含む「ラプソディ」ツアーのヨーロッパ・ツアーを行うことが発表されている。クイーン+アダム・ランバートは今夏の北米公演から「ラプソディ」ツアーをスタートさせており、UKでは来年6月にマンチェスターとロンドンで6公演を行うことが明らかになっている。

クイーン+アダム・ランバートは2020年6月2日にロンドンのO2アリーナからUKツアーをスタートさせ、同会場で計5公演を行った後で6月11日にマンチェスター・アリーナで公演を行う予定となっている。チケットは既に販売がスタートしている。

発表されたUKツアーの日程は以下の通り。

JUNE 2020
2 – The O2 Arena, London
3 – The O2 Arena, London
5– The O2 Arena, London
6 – The O2 Arena, London
9– The O2 Arena, London
11 – Manchester Arena, Manchester

その他のヨーロッパ・ツアーの日程は以下の通り。

MAY 2020
24 – Unipol Arena, Bologna
26 – AccorHotels Arena, Paris
27 – Sportspalais, Antwerp
29 – Ziggo Dome, Amsterdam
30 – Ziggo Dome, Amsterdam
JUNE
24 – Mercedes-Benz Arena, Berlin
26 – Lanxess Arena, Cologne
28 – Hallenstadion, Zurich
29 – Olympiahalle, Munich
JULY
1 – Royal Arena, Copenhagen

クイーンは2018年に公開されたフレディ・マーキュリーについての伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』で成功を収めており、同作は今年のアカデミー賞でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックの主演男優賞を含む4部門を受賞している。同作は音楽伝記映画における興行記録を樹立している。

先日、アダム・ランバートはクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編について疑問を投げかけ、続編は成立しないのではないかと語っている。

「どんなものになるだろうね? 続編だろ? どう見えるんだろうね? 僕としては成立しないと思うね。それに、それについて聞いたこともないしね」とアダム・ランバートは『NME』に語っている。

「僕としては疑問を持ってるけどね。まあでも、僕は彼らがどんな映画を作るかは知らないんだけどね」

先月、クイーン+アダム・ランバートはノースカロライナ州シャーロットでラプソディ・ツアーの北米ツアーを終えている。 クイーンは2020年1月と2月に韓国、日本、ニュージーランド、オーストラリアでツアーを行う予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ