GETTY

Photo: GETTY

サウンドガーデンは、2008年にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで起きた大規模火災を巡って、代理人の弁護団がバンドのオリジナル・マスターテープが焼失したことを示す証拠を要求しているという。

2008年6月1日の火災ではニルヴァーナ、R.E.M.、ベック、ジャネット・ジャクソン、ナイン・インチ・ネイルズといった100組以上のアーティストのマスターテープが失われたと報じられている。

他に音源が焼失したと報じられているアーティストには、ブリンク182、ウィーザー、グウェン・ステファニー、リンプ・ビズキット、ミート・ローフ、ジミー・イート・ワールドらの名前も挙がっている。

今回サウンドガーデンの弁護団は、2008年のユニバーサル・スタジオの火災に関してユニバーサル・ミュージック・グループが所持していると見られる重要証拠を引き渡すよう要求している。

米『ビルボード』誌によれば、弁護団はさらに、どの音楽グループのオリジナル・マスターテープが焼失したのか、また、その損失の保険金は確保されたのかどうかを明らかにする重要情報を引き渡すようユニバーサル・ミュージック・グループに求めているという。

今回の要求は、先日ホール、ツー・パック、トム・ペティー、スティーヴ・アールのマスターテープが実際には失われていなかったことが明らかになったことを受けて行われたものとなっている。

「この裁判では、ユニバーサル・ミュージック・グループは法廷での本案よりもむしろメディアでの巧言によって訴訟を闘いたいと思っているのです」とサウンドガーデンの法律顧問は語っている。「ユニバーサル・ミュージック・グループはいかなる発覚を生むことも拒否しているのです」

一方、ユニバーサル・ミュージック・グループのスポークスマンは声明の中で次のように述べている。「原告の弁護団は自暴自棄になってきたようですね」

「弁護団は彼らのクライアント5組のうち4組のマスターテープが焼失していなかったこと、そして実際にユニバーサル・ミュージック・グループが所持していたマスターテープが火災の被害を受けた残る1組についても、そのグループは何年も前からそのことを認知しており、ユニバーサル・ミュージック・グループと協働してハイクオリティーな代替音源でリイシューを行うことにも成功していたということが分かった今となっても、馬鹿げた要求を繰り返し、無益な訴訟を続けるために更なるクライアントを引き入れようとしているのです。ですから、あの火災で弁護団のクライアントの音楽の利用可能性が狭まったわけではまったくないこと、そしてクライアントへの賠償に何の変化もないことが確定しているわけで、そんな今となっては弁護団のモチベーションは一体どこにあるんでしょうか?」

今年、サウンドガーデンは亡くなったクリス・コーネルの残したデモを用いてニュー・アルバムを作りたいと思っていることを明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ