GETTY

Photo: GETTY

カイリー・ミノーグとザ・ヴァクシーンズはコラボレーションとなる新曲“Lazy”を発表している。

2019年における意外なコラボレーションとなったこの“Lazy”は、来たる映画『ひつじのショーン UFOフィーバー!』のサウンドトラックに収録される。

ザ・ヴァクシーンズはインスタグラムでカイリー・ミノーグとのコラボレーションを発表して、次のように綴っている。「聞いてくれよ。素晴らしき唯一無二のカイリー・ミノーグと共に、アードマン・アニメーションズによる新作『ひつじのショーン UFOフィーバー!』のために“Lazy”という新曲をレコーディングしたことをみんなに報告できることを嬉しく思っているんだ。映画は(UKで)今年の10月に公開されるよ」

映画『ひつじのショーン UFOフィーバー!』は現地時間7月3日に最新のトレイラー映像が公開されており、カイリー・ミノーグとザ・ヴァクシーンズによる“Lazy”の一部を聴くことができる。映画『ひつじのショーン UFOフィーバー!』は2019年12月13日に日本公開されることが決定している。

公開されたトレイラー映像はこちらから。

カイリー・ミノーグとザ・ヴァクシーンズは共に先週末のグラストンベリー・フェスティバルに出演している。

カイリー・ミノーグは14年前の出演キャンセルを経て、レジェンド枠として現地時間6月30日にピラミッド・ステージに出演している。カイリー・ミノーグはこの日、自身のステージにコールドプレイのクリス・マーティンやニック・ケイヴをゲストとして招いて共演している。『NME』はカイリー・ミノーグのステージについて「偽物のウェディングや虹色の紙吹雪、そして2人の有名な男たちが登場したシュールなポップ・スペクタクル」と評している。

カイリー・ミノーグはこの日のステージより“Spinning Around”のパフォーマンス映像がBBCのYouTubeで公開されている。

一方、ザ・ヴァクシーンズは現地時間6月28日にアザー・ステージの一番手として登場して、自身がフェスティバル向きのバンドであることを改めて証明するパフォーマンスを披露している。

カイリー・ミノーグはグラストンベリー・フェスティバルへの初出演を経て、最新作となるコンピレーション・アルバム『ステップ・バック・イン・タイム:ザ・ディフィニティヴ・コレクション』で自身7度目となる全英アルバム・チャートの1位を獲得することが見込まれている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ