GETTY

Photo: GETTY

コートニー・ラヴは新たなインタヴューでホールの再結成について「まさに話し合っている」ことを明かしている。

ホールは1998年を最後に、コートニー・ラヴ、ドラマーのパッティー・シェメル、ギタリストのエリック・アーランドソン、ベーシストのメリッサ・オフ・ダ・マーというクラシックなラインナップでの公演を行っていない。一方、ホールは2012年にパッティー・シェメルについてのドキュメンタリー『HIT SO HARD』が公開された際、クラシックなラインナップにてアフターパーティーで2曲をパフォーマンスしている。

コートニー・ラヴは『ガーディアン』紙のインタヴューに応じて、ホールのアルバム『リヴ・スルー・ディス』が今年でリリースから25周年を迎えることを記念した再結成ツアーを行う可能性に言及して、次のように語っている。「それについてはまさに話し合っているわ。自分たちの過去に名誉を与えることは、間違ったことではないものね。私にもそれが分かったという感じなの。そうでもしないと人々に歴史を書き換えられて、迷惑な女になってしまいかねないものね」

コートニー・ラヴの発言はメリッサ・オフ・ダ・マーが先日、ホールの再結成の可能性を示唆していたことに続くものとなっている。2018年にホールについて「終わっていない仕事」があると語っていたメリッサ・オフ・ダ・マーは先月、ホールを「純粋に再結成したい」と思っていると語って再結成の噂を加熱させている。

「私たちは歳を取ったし、もう熟しているからね」とメリッサ・オフ・ダ・マーは語り、最近になって元バンドメイトたちと再会したことを明かしている。「今が相応しい時なんじゃないかって思うの。ちょっとしたギグならやってきたけど、きちんとしたものはやっていなかったわけでしょ。もちろん、正直に言って私はそれで満足なんだけどね」

「それに、私がバンドを去ってからもう20年が経っているわけでね。自分たちの栄光の欠片を取り戻したいと思っているの」と彼女は続けている。「ホールは素晴らしいバンドだったし、ロック・ミュージックに身を置く女性たちのことを思い出すことも大切だって、人々に分かってもらいたいと思っている。たとえ、彼女たちが夫の陰に隠れてしまっていたとしてもね」

クラシックなラインナップでのホールの最後のアルバムは1998年の『セレブリティ・スキン』となっている。ホールはその後、オリジナル・メンバーとしては唯一コートニー・ラヴが参加したラインナップで2010年に『ノーバディーズ・ドーター』をリリースしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ