TOM MARTIN/NME

Photo: TOM MARTIN/NME

ジョニー・マーがザ・スミスのかつてのマネージャーであったジョー・モスに追悼の意を捧げている。ジョー・モスは、享年72歳でその生涯を閉じた。

ジョー・モスは、マンチェスター出身のバンド、ザ・スミスの初期の頃から、”This Charming Man”がリリースされ、初めてのUSツアーが始まる直前の1983年まで、マネージャーを務めていた。

その後、ジョー・モスは、ヘイヴンとマリオンという2つのバンドのマネージメントを引き続き行っていた。ジョニー・マーとは、1999年に再会し、今週亡くなるまで彼のマネージャーを務めた。

「ジョーのような素晴らしい人には二度と出会えないよ。すごくユニークな人だったよ」と、ジョニー・マーは、声明の中でジョー・モスについてこのように回想している。

「17歳の頃から面倒を見てくれていたんだ。俺がモリッシーの『扉を叩いた』のは、ジョーのおかげだよ。彼は、まだザ・スミスが無名の頃から、自分のお金と時間を俺たちに費やしてくれた。彼が俺たちを信用してくれたから、バンドをやっていけたんだ」

「彼がいなかったら、ザ・スミスは存在していなかっただろう。彼はビートニク世代の人間で、生粋のボヘミアンだった。みんなから尊敬され、誰もが彼のことを愛さずにはいられなかった。かけがえのない人だった」

ジョー・モスは、癌との闘いの末、妻のサラと、デヴィッド、レイチェル、イヴァン、ステラ、イーディの5人の子供を残して、この世を去った。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ