GETTY

Photo: GETTY

俳優のニコラス・ケイジはカラオケでプリンスの“Purple Rain”を熱唱する映像がオンラインで公開されている。

ニコラス・ケイジは先日、日本人のメイクアップ・アーティストであるコイケ・エリカと泥酔した状態で結婚を申し込んだとして4日間で無効手続きを申請したことが報じられている。

「TMZ」は今回、ニコラス・ケイジがロサンゼルスにあるバーでカラオケをしているところを収めた映像を公開している。公開された映像には、ニコラス・ケイジがプリンスの“Purple Rain”を半ば怒りに任せて歌っているような様子が収められている。

ニコラス・ケイジはカラオケの映像が報道されるより前、コイケ・エリカによって訴訟を起こされたことが報じられている。コイケ・エリカはニコラス・ケイジとの婚姻の解消には応じるとした一方で、彼に対して扶養料の支払いを求める訴訟を起こしたことが明らかになっている。

ニコラス・ケイジは先月末、結婚をした時は2人ともが「酩酊状態になるまでお酒を飲んでいた状態」だったとしてコイケ・エリカとの婚姻の取り消しを申請している。

ニコラス・ケイジは当時について酩酊状態だったために「考える力」がなかったとして、「自分の行動を完全に認識したり理解する能力もなしに衝動で」行動してしまったと述べている。

また、ニコラス・ケイジはコイケ・エリカについて自身に「完全な素性や他の人物とも関係が続いていること」を明かしてくれなかったとしているほか、「人格や性格に深い溝があり、とても2人で結婚生活を送るには適さない」と述べている。

ニコラス・ケイジはコイケ・エリカと結婚するより前に3人の女性との結婚歴がある。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ