GETTY

Photo: GETTY

メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒは2003年に亡くなった作曲家で指揮者のマイケル・ケイメンにインスタグラムで追悼の意を表している。

マイケル・ケイメンは多発性硬化症との数年の闘病の末に2003年に亡くなっている。享年55歳だった。マイケル・ケイメンはメタリカとサンフランシスコ交響楽団による初めてのコンサートで指揮者を務めたことで知られている。このコンサートは1999年にバークレー・コミュニティ・センターで行われたもので、公演を収めたライヴ・アルバム/DVDとして『S&M〜シンフォニー&メタリカ』がリリースされており、同作に収録された”The Call of Ktulu”はグラミー賞で最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を受賞している。

ラーズ・ウルリッヒは現地時間4月21日にインスタグラムでマイケル・ケイメンを追悼して、次のように綴っている。「メタリカがマイケル・ケイメンの指揮のもとでサンフランシスコ交響楽団と初めてコンサートをした日から、今日で20周年なんだ」とラーズ・ウルリッヒは綴っている。「公演は1999年の4月21日と22日にバークレー・コミュニティ・センターで行われた。当時はまだ、『S&M』という名前がついていなかった時でね。その名前がついたのは、半年後にライヴ・アルバムと映像作品がリリースされる時だったんだ」

View this post on Instagram

Today is the 20th anniversary of the very first concert ‘Tallica played with the @SFSymphony under the direction of Michael Kamen. The shows took place at the Berkeley Community Theatre April 21 & 22, 1999. At the time, the gigs weren’t even called S&M yet…that came six months later when the live album and movie was released. I’m pictured here with the conductor, the arranger, the main instigator and the reason the whole thing came to be, Michael Kamen, who had reached out a few years earlier to see if we were game to try this kinda collaboration out. Michael had a background in film scores, including Lethal Weapon and Die Hard, and had previously done similar undertakings with Pink Floyd, Eric Clapton and Aerosmith among others. He thought that we would be an obvious choice for a pairing like this and we said yes in 2 nano seconds flat and followed Michael’s lead for the next few years, as we went on an incredible adventure together with concerts in SF, Berlin and NYC among other things. We threw ourselves deep into unknown creative territories and walked away with most incredible of experiences and the coolest album and concert film. Michael passed on in November 2003, but his love of life and his appetite for shaking up conventions will always be something I’ll take with me and cherish.. A very precious few years. And of course looking forward to the continuation of this, as we celebrate the 20th anniversary of this whole endeavor with our two very unique concerts in September opening the @Chase_Center. Wanna? Fuck yeah I wanna!!! #wanna 📸 by @antoncorbijn4real

Lars Ulrichさん(@larsulrich)がシェアした投稿 –

「この写真の僕は、指揮者で、アレンジャーで、一番の扇動者で、一連の首謀者であるマイケル・ケイメンと写っている。彼はこの数年前から、僕らにコラボレーションを打診してくれていたんだ」

「マイケルは『リーサル・ウェポン』や『ダイ・ハード』などの映画音楽を手がけてきた人物で、ピンク・フロイドやエアロスミスとも同じようなプロジェクトをやっていてね。僕らも同様のプロジェクトにふさわしいと彼は思ってくれたみたいで、1秒にも満たない速さで僕らは承諾した。その後の数年間は彼の指揮のもと、サンフランシスコやベルリン、ニューヨークなどで共にコンサートを行いながら素晴らしい冒険の旅に出たんだ。僕らはそれまで知らなかったクリエイティヴの領域に足を踏み入れることになって、最高に素晴らしい経験と、最高にクールなアルバムとコンサート・フィルムを持ち帰ってくることができたんだ」

彼は次のように続けている。「マイケルは2003年の11月に亡くなってしまったけど、彼の人生に対する愛や規範に挑戦しようとする姿勢は、これからも僕の中で大切にしていくつもりだよ……かけがえのない数年間だった」

「チェイス・センターのこけら落としとして9月に行う二つの特別な公演でこの共作の20周年を祝福することで、この精神をこれからも継続していけることを楽しみにしているんだ」

メタリカは今年の9月に『S&M〜シンフォニー&メタリカ』の20周年を記念した公演を行うことが発表されている。「S&M²」と題された記念公演はNBA王者であるゴールデンステート・ウォリアーズの新たな本拠地となる多目的ホール、チェイス・センターのこけら落としイベントの一環として行われる。

サンフランシスコ交響楽団との共演となるこの公演はマイケル・ティルソン・トーマスとエドウィン・アウトウォーターが指揮を務め、9月6日と8日に行われる。

「S&M²」は『S&M~シンフォニー&メタリカ』のアレンジで楽曲が披露される20年ぶりの公演となっているほか、サンフランシスコ交響楽団との共演としても同作のリリース以来初めての公演となっており、ブルース・コフリン率いるオーケストラと共演する予定となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ