GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセは自分の3人の子どもにとってミシェル・オバマはロールモデルであり、励みになる存在だと語っている。

アメリカ合衆国の前大統領夫人であるミシェル・オバマは現地時間4月17日、米『タイム』誌が選ぶ「最も影響力のある100人」の1人に選ばれている。ビヨンセは同誌になぜミシェル・オバマが特別な存在なのかを綴った短い文章を寄稿している。

このエッセイでビヨンセは公の場で活動する黒人女性としてミシェル・オバマが持っている勇気や誠実さ、思いやりを讃え、7歳の娘ブルー・アイヴィーや1歳10ヶ月の双子ルミとサーにとって素晴らしいお手本になると感謝の思いを綴っている。

「ミシェル・オバマが希望の灯台として輝いている世界に私の娘や息子が生きていることにとても感謝しています。私たちみんなは彼女を道しるべとして、より良い行いをし、より良い存在になりたいと思えるのですから」と彼女は綴っている。

ビヨンセは2009年のバラク・オバマの大統領就任式や2013年のオバマ大統領の2期目の就任式にも出席してパフォーマンスを披露しているが、今回の寄稿では夫人との個人的な交友が大統領就任の前夜から始まったと明かしている。

「夫人に初めて会ったとき、私はあたたかくて、威厳があり、自信に満ちた女性に抱擁されることになったわけです。彼女は安心感を与えてくれる落ち着きをもっていました。それはオバマ大統領の歴史的な第1期の就任式の前夜のことでした」

ビヨンセはさらに、ホワイト・ハウスに強い黒人女性の姿を見ることの重大性を熱弁して、次のように綴っている。「彼女の見た目、歩き方、話し方はあんなにあたたかくて、それでいて威厳のある雰囲気をもっていて、私たちの母や姉を見るようでした。彼女は強く、志にあふれ、誠実さや思いやりを犠牲にすることなく、自分の考えを語ることができます。それは大変な勇気と鍛錬が要ることなのです」

ビヨンセはさらにミシェル・オバマを知り合いであることを「光栄」と語り、続けて彼女が若者のために行っている慈善活動や彼女の回顧録『ビカミング』の大ヒットに歓迎の意を示しているほか、彼女はたとえ批判されても「上品な肖像画」のように振舞っていると讃えている。

今年の『タイム』誌が選ぶ「最も影響力のある100人」にはテイラー・スウィフト、レディー・ガガ、アリアナ・グランデ、BTSのほか、テニス選手の大坂なおみも選出されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ