GETTY

Photo: GETTY

グウェン・ステファニーが、前夫のギャヴィン・ロスデイルとの離婚について取り組んだバラード、“Used To Love You”をニュー・シングルとしてリリースしている。

この楽曲は10月17日にニューヨークのハマースタイン・ボールルームで行われたライヴで披露されており、今回スタジオ・バージョンをリリースしている。グウェン・ステファニーのシングルとしては2014年の“Baby Don’t Lie”以来となる。

“Used To Love You”の歌詞には次のような一節が含まれている。「Never thought this would happen/ I’ve let it sink in/ You’re gone(こんなことが起こるなんて思ってもみなかった/私はそれを沈めたわ/あなたはもう行ってしまった)」

“Used To Love You”のスタジオ・バージョンはこちらから。

今年8月、グウェン・ステファニーはブッシュのフロントマンであるギャヴィン・ロスデイルに離婚を申し立てている。グウェン・ステファニーはギャヴィン・ロスデイルと2002年に結婚し、13年間の結婚生活を送っていた。

二人はノー・ダウトがブッシュのライヴのオープニングを務めた1995年に出会っている。ズーマ、キングストン、アポロという3人の息子をもうけており、共同親権を持つことになるという。

“Used To Love You”のリリースは、グウェン・ステファニーにとって大変な時期の区切りのようにも思われる。グウェン・ステファニーは今年4月に狂信的なファンに対して3年間の接近禁止命令を勝ち取っている。

リチャード・ポートノイというそのファンは、彼女の倒れた写真を見て、自殺すると脅してきたことで告発された。彼はまたグウェン・ステファニーの通う鍼師の事務所にも姿を現し、中を歩く彼女に接触することができたという。

一方、エミネムは、かつてグウェン・ステファニーに小便をするように頼む曲を書いていたが、新曲でのグウェン・ステファニーとのコラボレーションを受けて、彼女を讃えている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ