GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは脱退が発表されたパーカッショニストのクリス・フェーンからバンドのお金を盗んでいたと訴訟を起こされたことについて、「間違った疑いをかけられて」いると反論している。

クリス・フェーンは先日、残りのバンドメンバーに対して訴訟を起こしたことを受けて、スリップノットから脱退したことが発表されている。

「ザ・ブラスト」は現地時間3月14日に、スリップノットのドラマーであるクリス・フェーンがスリップノットを相手取り、バンドとの長年のツアーで受け取るべき報酬を受け取っていないとして訴訟を起こしたことを報じていた。

クリス・フェーンはバンドメイトたちが他の州にも別のスリップノット関連の会社をいくつか立ち上げているのを発見したとして、バンドの報酬がそれらの会社にも徴収されていると主張している。彼はバンドメイトの中でもリーダーであるクラウンことショーン・クラハンとコリィ・テイラーの名前を筆頭に挙げている。

コリィ・テイラーは今回、クリス・フェーンの代わりとして前ヴォーカリストのアンダーズ・コルセフニを加入させるべきだというファンからのツイート次のように返信している。「いいね。気に入ったよ」

コリィ・テイラーのツイートに対してファンの1人がクリス・フェーンを脱退させてアンダース・コルセフニと交代させるのは「いけすかない」と返信すると、コリィ・テイラーは次のように応じている。「いけすかないって? 気にかけてた奴から、金を盗んでるっていう間違った疑いをかけられてみろよ。しかも、多くのファンがそれを信じているんんだ」

法廷闘争が加熱するなか、スリップノットは先日、クリス・フェーンがもうバンドとは一緒にパフォーマンスを行わないことを発表している。

スリップノットは通算6作目となるニュー・アルバムが8月9日にリリースされることが明らかになっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ