Getty

Photo: Getty

イエスのベーシストであるクリス・スクワイアの訃報を受けて数々の有名ミュージシャンが哀悼の意を捧げている。

クリス・スクワイアは1968年にシンガーのジョン・アンダーソンと共にイエスを結成し、21枚のスタジオ・アルバムのすべてに参加している唯一のメンバーだった。

クリス・スクワイアは、イエスのメンバーのアラン・ホワイトやレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとともにスーパーグループ、XYZのメンバーも務めた。死因は急性リンパ芽球性白血病で6月28日に亡くなっている。享年67歳だった。

訃報を受けて、数多くのアーティストから哀悼の意が捧げられている。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロは、次のようなコメントを送っている。「安らかに。クリス・スクワイア、イエスのスーパー・ベーシスト。類まれな才能を持つミュージシャンが尊敬するミュージシャンであり、ベースに精通した彼はその新境地を切り開いた人物だった」

ブラック・サバスのギーザー・バトラーは、「クリス・スクワイアが亡くなったことにショックを受けている。偉大なベースプレイヤーの一人だったよ。安らかに」と述べている。

一方、ブライアン・メイは、スクワイアを「偉大な奴だった」と述べ、「クリスよ、安らかに」とツイートし、長文の追悼文を捧げている。また、ジーン・シモンズもニュースを受けて、「彼の死は残念だ」と投稿した。

主なミュージシャンのメッセージは以下の通り:

ブライアン・メイ
「クリスよ、安らかに。偉大な彼に捧げる」

ジーン・シモンズ
「安らかに。クリス・スクワイア、偉大なイエスのベーシスト。残念でならない」

トム・モレロ
「安らかに。クリス・スクワイア、イエスのスーパー・ベーシスト。類まれな才能を持つミュージシャンが尊敬するミュージシャンであり、ベースに精通した彼はその新境地を切り開いた人物だった」

ダフ・マッケイガン
「安らかに。クリス・スクワイア」

ギーザー・バトラー
「クリス・スクワイアの死にショックを受けている。偉大なベースプレイヤーの一人だったよ。安らかに」

ロバート・トゥルージロ
「突然の訃報だった……安らかに」

デイヴ・ムステイン
「素晴らしい才能あるミュージシャンの死にひどくショックを受けている。残された家族とバンドのメンバーに祈りを捧げたい」

サーカ・サバイブ
「まだ彼が生きているような、信じられない気分だ。イエスはサーカ(・サバイブ)とは、音楽的に全く違うバンドだけど、すごくインスピレーションをもらったことに感謝を」

マット・ソーラム
「安らかに、クリス・スクワイア。先見の明を持ったミュージシャンだった」

アル・マレー
「さようなら、クリス・スクワイア」

デイヴィッド・バディエル
「ああ、クリス・スクワイア。空の彼方の壮大な『ラウンドアバウト(交差点)』へ召されてしまった…」

イエスはクリス・スクワイアの死について声明を発表している。「イエスが存続しているすべての時期においてクリス・スクワイアはバンドの要であり、いろんな意味でバンドをまとめ上げる接着剤であったのです」

「その驚くべきベーシストとしての才能によって、今ではよく名の知られているアーティストも含めて世界中の数えきれないベーシストに影響を与えてきました。クリスは素晴らしいソングライターでもあり、イエスのかけがえのない楽曲の作曲者、もしくは共作者であり、自身のソロ・アルバム『フィッシュ・アウト・オブ・ウォーター (未知への飛翔)』も手がけました」

「イエス以外の部分ではクリス・スクワイアはスコッティの良き夫であり、カルメン、チャンドリカ、カミーユ、キャメロン、キリアンの良き父でもありました。そのやさしく、大らかな性格によって、我々の一人一人も含めて多くの友人の持ち主でもありました。けれど、彼は単なる友人ではなく、彼は我々の家族の一員であり、私たちはずっと彼を愛し、惜しむことでしょう」

イエスの次のライヴは、8月7日のTOTOとのジョイントツアーが予定されている。イエスにとってクリス・スクワイア抜きの初めてのコンサートとなる。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ