GETTY

Photo: GETTY

クイーンのブライアン・メイは映画『ボヘミアン・ラプソディ』がアカデミー賞の4部門を受賞したことに言及して、批評家たちを「執念深い病気」になぞらえて批判している。

2018年の10月に公開された当初は賛否両論が寄せられていた『ボヘミアン・ラプソディ』だが、最終的には音楽伝記映画として歴代最高の興行収入を記録している。また、同作はアカデミー賞でフレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックの主演男優賞を含む4部門を受賞している。

ブライアン・メイは自身のインスタグラムに、中傷に反してアカデミー賞を受賞した『ボヘミアン・ラプソディ』を擁護する『ザ・スペクテイター』誌に掲載された記事のスクリーンショットを投稿している。

「まさしく、そうなんだ。一連の映画賞シーズンを締め括るアカデミー賞が終わった後で、僕が静かにしていたことは知っているよね」とブライアン・メイはインスタグラムで述べている。「実際は何が起きていたかって? 僕たちは興奮の中で、これまでに一度もなかった形でアカデミー賞授賞式のオープニングを飾った。ヒーローたちも多く出席していたオーディエンスに目を向けると、晴れやかな表情で僕らと一緒に歌いながら、拳を突き上げて、スタンディング・オベーションをしてくれたんだ」

View this post on Instagram

Well, yes. You saw I went very quiet after the Oscars were over, signalling the end of the whole movie awards season. What really happened ? We opened the Academy Awards show in a way it’s NEVER been opened before, in an avalanche of excitement, looking out on an instant standing ovation from a glittering audience containing many of our heroes, all beaming and singing with us and punching the air. We then, shockingly, walked away with 4 Oscars – the top haul of the night. The head of local production came up to me and shook my hand as we left the auditorium. He said “ I’ve been doing the Oscars for 40 years, and that was the best opening we ever had !” A lovely moment. So – everyone assumes that we would then all go forth, deliriously partying with not a care in the world. But I guess I’m not that kind of animal. I was, and I am, deeply grateful for our Freddie film being recognised in a way we never had the audacity to expect. But I found the public activity behind the whole awards season, and the behaviour of the media writers surrounding it, deeply disturbing. If you look at the Press and Internet discussions that took place over the last few months, you can see that 90% of it is aimed at discrediting one or other, or all of the nominated films by innuendo and smears, rather than discussing their merits and admiring the skills that went into making them. Vitriol and dishonesty, and blatant attempts to shame and influence the members into voting the way they, in their arrogance required them to. It’s not the fault of the awards panels – they stood up well. It’s a kind of vindictive sickness that seems to have gripped public life. All through it, I’ve been biting my tongue, not wishing to influence the results of the ballots even by a hair. But, when the curtain came down, I was left with very mixed feelings. They persisted until I read this VERY well thought and well written article in the Spectator. Brave, truthful – and now I don’t have to explain. It’s all here. Keep swiping to see it the whole piece or visit the Guardian https://blogs.spectator.co.uk/2019/02/bohemian-rhapsodys-oscars-win-is-a-triumph-over-snobby-film-critics/ ! Cheers folks. Bri

Brian Harold Mayさん(@brianmayforreal)がシェアした投稿 –

「それから、驚くべきことに僕たちは4つの賞を持ち帰ることになった。その晩の一番の収穫者になったんだ。地元の制作チームの代表者が僕のところへ来て、会場を出るところで握手をしてくれてね。彼はこう言ってくれたんだ。『私は40年間アカデミー賞に携わっていますが、これまでで最高のオープニングでした!』ってね。嬉しい瞬間だったよ」

「そういうわけで、みんなはきっと、僕たちが世間のことなんて気にせずにパーティーをして前に進んでいくものだと思っているのかもしれない。けど、僕はきっとそういう類の動物ではないんだ。僕は今も、自分たちがまったくもって想像していなかったような形でフレディの映画が認めてもらえたことに心から感謝しているよ」

ブライアン・メイは続けて、批評家たちの「憂慮すべき」行為に言及して次のように綴っている。「一連の授賞式中の人々の行動や、その周囲を取り囲うメディアの記者たちの行動は、憂慮すべきものだね。ここ数ヶ月以内にメディアやインターネット上でなされていた議論を見てもらえれば、その90%が中傷や悪口でノミネートされている映画の一つか二つ、もしくは全作品の信用を傷つけるためのものであったことが分かってもらえるはずだよ。作品の長所や、制作に注ぎ込まれたスキルを称賛するようなものではなかったんだ」

「痛烈で不誠実な、会員たちの投票に影響を与えようという露骨な試みだよ。彼らは傲慢に自分たちの要求を通そうとしていたんだ。授賞式の関係者たちの責任じゃない。彼らはよくやっていたよ。これは一般の生活に蔓延した、執念深い病気のようなものが原因なんだ。これまでずっと黙ってきたけど、このことが少しでも投票結果に影響を与えていないことを祈っていたんだ。幕が降りた時に、僕の中には複雑な気持ちが残っていたよ」

一方、「ハリウッド・レポーター」は現地時間2月27日に、『ボヘミアン・ラプソディ』が中国で同性愛の描写をカットして公開されると報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ