GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンはデビュー・アルバムの50周年の一環としてヴァンズとコラボレーションしたスニーカーやアパレルのアイテムを発表している。

レッド・ツェッペリンはツイッターでヴァンズとのコラボレーションを発表しており、発表されたアイテムは、バンドの名盤のジャケットがデザインされた2種類のスニーカーやTシャツ、キャップとなっている。

レッド・ツェッペリンの投稿はこちらから。

レッド・ツェッペリンは昨年、結成50周年を記念してアルバム『50周年記念インタヴュー集』をリリースしている。レッド・ツェッペリンは1968年に結成され、1980年に解散している。バンドはその後1985年、1988年、1995年、2007年に再結成を果たしている。

このインタヴュー・アルバムには、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズというバンドのメンバーによる34本のインタヴューが収録されている。

インタヴューはメンバーがキャリアや楽曲、アルバムについて振り返るもので、また新曲をレコーディングするときの哲学や、イアン・スチュワートとの仕事、“Stairway to Heaven”の音楽性などについても触れられている。

インタヴュー音源はこちらから。

レッド・ツェッペリンは昨年のレコード・ストア・デイにシングルもリリースしており、こちらには“Rock And Roll”と“Friends”の未発表バージョンが収録されている。

また、ジミー・ペイジは先日、デビュー・アルバム『レッド・ツェッペリン』がリリースから50周年を迎えることを記念して、彼の象徴的なギターの一つを復刻版として発売することを発表している。

フェンダーは先日、『レッド・ツェッペリン』で彼が使用していた「ドラゴン」と名付けられたフェンダー・テレキャスターをモデルにした、4種類のギターを発売することを発表している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ