GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはグラストンベリー・フェスティバルの直前に大規模なアイルランド公演を行うことを発表している。

元オアシスのフロントマンであるリアム・ギャラガーは、これまでに発表されていたヨーロッパのフェスティバルの日程に加えて、現地時間6月23日にコークのアイリッシュ・インディベンデント・パークで公演を行うことが発表されている。翌週末にはグラストンベリー・フェスティバルが控えており、彼がグラストンベリー・フェスティバルに出演するのではないかという噂を強めることとなっている。

コーク公演のチケットは現地時間2月15日の午前8時30分より発売される。

2017年にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』をリリースしているリアム・ギャラガーは現在スタジオで次回作に取り組んでおり、新作は今年のリリースが見込まれている。リアム・ギャラガーは昨年の12月に、ロサンゼルスで「ソングライター軍団」といることを明かしているほか、「人生を変えるような曲を20曲」作っているとツイートしている。

リアム・ギャラガーは2019年のグラストンベリー・フェスティバルへの出演が噂されているアーティストの一人となっており、ピラミッド・ステージに出演することが有力視されている。今年のグラストンベリー・フェスティバルは、現時点でカイリー・ミノーグが現地時間6月30日にレジェンド枠として出演することが発表されているほか、ジャネール・モネイがウェスト・ホルツ・ステージでトリを務めることが発表されており、ヘッドライナーとしては現時点でストームジーが発表されているのみとなっている。

ブックメーカーの予想ではザ・キュアーとザ・キラーズがヘッドライナーの候補として有力視されているほか、インターポールやステレオフォニックス、ラナ・デル・レイ、チャイルディッシュ・ガンビーノらの出演も噂されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ