GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュは、少年時代のザ・ローリング・ストーンズのメンバーとの関係について語っている。

イギリスで生まれたスラッシュは5歳の頃にアメリカのロサンゼルスに移住しており、母親はミュージシャンのコスチューム・デザイナーを務め、父親はアルバム・ジャケットの制作を行っていた。

スラッシュは現地時間1月27日にオーストラリアのテレビ番組「ザ・プロジェクト」に出演して、「13歳になる頃にはキース・リチャーズと出会っていたそうですが、彼からアドバイスをもらったことはありますか?」という質問に答えている。

「俺が13歳の時の話だよね?」とスラッシュは答えている。「それなら、キース・リチャーズではないよ。ロニー・ウッドの話だね。両親が音楽業界で働いていたから、たくさんのミュージシャンたちに囲まれて育ったんだ。ロニーとは(俳優の)シーモア・カッセルの家で会ったんだよ。スラッシュという名前はシーモアにもらったんだ。けど、当時の俺はギターを弾いていなかったから、そういう面に関してロニーからアドバイスをもらったことはなかったよ」

コメンテーターから当時のゴシップはないかと促されると、スラッシュはジョークを交えて次のように答えている。「ああ、当時起きていたことはみんな知りたくないと思うよ」

スラッシュは先日、ポッドキャスト「WTF・ウィズ ・マーク・マロン」に出演して10代の頃にザ・ローリング・ストーンズの曲を弾いていたことを明かしている。

「途中で(ギターの)レッスンを受けるのを辞めて、独学でやり始めたんだ」とスラッシュは語っている。「キース・リチャーズや(元ザ・クラッシュの)ミック・ジョーンズの曲みたいな、オープン・コードの曲を弾いていたんだ……徹底的にやり込んだというわけではないんだけどね。キースはオープン・コードのテクニックが豊富なんだけど、個人的にはあまりそそられなかったんだ」

「今なら当時よりもたくさんのことを知っているけど、ミック・テイラーのリードギターは大抵、シングル・ノートになっているよね。“Can You Hear Me Knocking”のソロなんかがそうだ。当時はギターを肌身離さず持っていたよ。パナソニック製のテープデッキやカセットの周りを、ギターだけを持って歩き回っていたものさ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ