GETTY

Photo: GETTY

ビキニ・キルは再結成することを発表し、この春にアメリカで行う3公演から再結成を始動させることを明らかにしている。

ヴォーカルのキャスリーン・ハンナ、ベーシストのキャシー・ウィルコックス、ドラマーのトビ・ヴェイル、ギタリストのビリー・カレンの4人からなるビキニ・キルは、1990年から1997年までの活動期間の間に『レヴォリューション・ガール・スタイル・ナウ!』(1991年)、『プッシー・ウィップド』(1993年)、『リジェクト・オール・アメリカン』(1996年)という3枚のアルバムをリリースしている。バンドは1997年に解散して、2017年に一度限りとなる再結成ライヴを行っている。

ビキニ・キルは現地時間1月15日に、アメリカでの一連の公演を発表してファンを驚かせている。バンドは現地時間4月25日にロサンゼルスのハリウッド・パラディアムで最初の公演を行い、5月31日にニューヨークのブルックリン・スティールで、6月1日に同じくニューヨークのターミナル5で公演を行う予定となっている。

ウェブサイトで再結成を発表したビキニ・キルだが、ビリー・カレンが公演に参加しないことも合わせて発表されている。

「ビキニ・キルはこの春にニューヨークとロサンゼルスで公演を行うことを発表できることを嬉しく思います」とバンドは声明で述べている。「ヴォーカルのキャスリーン・ハンナに、ドラムのトビ・ヴェイル、ベースのキャシー・ウィルコックスというアイコニックなラインナップに、エリカ・ドーン・ライルをギタリストに迎えてパフォーマンスを行います」

今回の再結成に際して、バンドが新作をリリースするかどうかについてや、さらなるツアーの予定については現時点で明らかになっていない。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ