GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセが代表を務めるパークウッド・エンタテインメントはホームページにアクセルする際に視覚障害者と健常者の間に不平等があるとして訴えられている。

メアリー・コナーという女性はパークウッド・エンタテインメントに対して同社のウェブサイトが「限定的なビジュアル・インターフェイス」を使用しているために音声で読み上げることのできるaltテキストが含まれておらず、アメリカ障害者法に違反しているとしてニューヨークの裁判所に訴状を提出している。

メアリー・コナーの弁護士は訴状に次のように記している。「原告はビヨンセのコンサートを訪れてライヴ・セットの中で彼女の音楽を聴くことを夢見ています」

「しかしながら、彼女がビヨンセのホームページを閲覧しようとした際、いくつもの障壁によってウェブサイトで提供されているグッズやサービスへのアクセスを制限されてしまったのです」

また、訴状ではアクセス可能なドロップダウン・メニューの少なさや、マウスではなくキーボードで操作することができる機能の少なさについても指摘されている。

メアリー・コナーは「Beyonce.comに対象機関にアクセスしようとしたものの、結果としてウェブサイトで提供されているグッズやサービスを楽しむことを拒否されてしまった、法律上のアメリカのすべての全盲者」に報いることを望んでいるという。

現時点でパークウッド・エンタテインメントはこの件についてコメントを発表していない。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ