PRESS

Photo: PRESS

ブラック・サバスのギーザー・バトラーは元ガンズ・アンド・ローゼズのドラマーであるマット・ソーラム、ギタリストのスティーヴ・スティーヴンス、そしてアポカリプティカのシンガーであるフランキー・ペレスとデッドランド・リーチュアルという新バンドを結成している。

デッドランド・リーチュアルはフランスのクリソンで開催されるヘルフェスに出演することが決定している。バンドは6月22日のメイン・ステージに出演するという。

ブラック・サバスは2017年2月に最後のツアー「ジ・エンド」の最終公演を行っている。

昨年、ギーザー・バトラーは米『ローリング・ストーン』誌に「120のリフを書き上げている」と語っており、「ギタリストを見つけて、それを仕分けする」必要があると語っていた。

ギーザー・バトラーのフェイスブックで公開されたティーザー音源はこちらから。

ブラック・サバスはその功績が称えられて地元バーミンガムに橋やベンチを設置する計画が浮上している。バンドの功績を称えて橋に彼らの名前を付けることや、その橋にバンドのモチーフを用いた「鋼のベンチ」を設置する計画があることが明らかになっている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ