Jimmy Kimmel Live

Photo: Jimmy Kimmel Live

U2のボノとファレル・ウィリアムスはアメリカのテレビ番組「ジミー・キンメル・ライヴ!」のチャリティ放送でビー・ジーズの“Stayin’ Alive”のカヴァーで共演を果たしている。

この特別番組はエイズのチャリティ団体である「RED」に寄付を募るもので、12月1日の世界エイズデーに先立って現地時間11月19日に放送されている。番組にはクリス・ロック、スヌープ・ドッグ、ウィル・フェレル、ミラ・クニス、チャニング・テイタム、クリスティン・ベルが出演している。

番組の中でボノとファレル・ウィリアムスはビー・ジーズの“Stayin’ Alive”のカヴァーを披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

また、ボノは番組の中で「RED」の懸賞の当選者にレディー・ガガと一緒に新曲を書くことも明かしている。

昨年、この特別番組に出演した際にはボノはコールドプレイのクリス・マーティンとフランク・シナトラのバージョンがよく知られている“One for My Baby”を披露していた。また、俳優のショーン・ペンもバーテンダー役で出演している。

ボノは「エクスペリエンス+イノセンス」ツアーの最終日となった現地時間11月13日のベルリン公演で、U2を終わらせようとしているようにも取れる発言を行っている。ボノはこの日の公演で次のように観客に語りかけている。「僕らは長きにわたって活動してきた。40年続けてきたんだ。この4年間は、僕たちにとっても特別なものになったよ。これで離れることになるけどね……」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ