GETTY

Photo: GETTY

ヴィクトリア・ベッカムは2019年の夏に行われるスパイス・ガールズの再結成ツアーに自身が参加しないことが発表されたのを受けて、メンバーたちの幸運を祈る文章を投稿している。

スパイス・ガールズは現地時間11月5日に、エディンバラやブリストル、グラスゴーなど6都市を訪れるUKでの再結成ツアーを来年6月に行うことを発表している。スパイス・ガールズの再結成ツアーは、現地時間6月15日に行われるウェンブリー・スタジアムでの大規模な公演で最終日を迎える予定となっている。再結成ツアーのチケットは現地時間11月10日の午前10時30分より発売される。

ジェリ・ハリウェル、メラニー・ブラウン、エマ・バントン、メラニー・チズムの4人が来年のUKツアーに参加する一方で、ヴィクトリア・ベッカムは今回の再結成には参加しないことが明らかになっており、現時点での5人揃っての最後のパフォーマンスとなっている、2012年のロンドン五輪の閉会式以来となる彼女の復帰は実現していない。

ヴィクトリア・ベッカムはスパイス・ガールズの再結成ツアーの発表に際してインスタグラムを更新しており、その中で「来年ツアーで戻ってきた時には愛と楽しさに溢れたものになることを願っています」と述べている。

「2012年に一緒にパフォーマンスして以来となる初めてのツアーが発表されて、今日はスパイス・ガールズにとって特別な一日になったわ」とヴィクトリア・ベッカムはインスタグラムに綴っている。

「私は今回のステージに参加しませんが、スパイス・ガールズにいられたことは人生の大切な一部ですし、来年ツアーで戻ってきた時には愛と楽しさに溢れたものになることを願っています」と彼女は続けている。「素晴らしいショウになることを確信していますし、昔からのファンの方から新しいファンの方まで、みなさんに素敵な時間を過ごしていただけることでしょう」

昨日発表された再結成のニュースはスパイス・ガールズのファンの間で大きな喜びと共に広がっており、アデルは再結成に対する「 準備はできている」とインスタグラムに投稿している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ