GETTY

Photo: GETTY

スポティファイがサービス開始から10年を振り返るランキングを発表している。

スポティファイは2008年10月7日にサービスを開始しており、現在は世界65の国と地域に8,300万人以上のプレミアム会員を含む1億8,000万人以上のアクティブユーザーを抱えるコミュニティとなっている。

今回発表されたランキングやデータは以下の通り。

スポティファイで最も再生された楽曲(年別)
2008年 ザ・キラーズ “Human”
2009年 ブラック・アイド・ピーズ “I Gotta Feeling”
2010年 エミネム、リアーナ “Love The Way You Lie”
2011年 Don Omar, Lucenzo “Danza Kuduro”
2012年 ゴティエ “Somebody That I Used To Know(feat. Kimbra)”
2013年 マックルモア・アンド・ライアン・ルイス “Can’t Hold Us (feat. Ray Dalton)”
2014年 ファレル・ウィリアムス “Happy(from Despicable Me 2)”
2015年 メジャー・レイザー、MØ 、DJ スネイク “Lean On”
2016年 ドレイク “One Dance”
2017年 エド・シーラン “Shape of You”

スポティファイで歴代最も再生されたアーティスト
1. ドレイク
2. エド・シーラン
3. エミネム
4. ザ・ウィークエンド
5. リアーナ
6. カニエ・ウェスト
7. コールドプレイ
8. ジャスティン・ビーバー
9. カルヴィン・ハリス
10. アリアナ・グランデ

スポティファイで歴代最も再生された楽曲
1. エド・シーラン “Shape Of You”
2. ドレイク “One Dance”
3. ザ・チェインスモーカーズ、ホールジー “Closer”
4. ポスト・マローン “rockstar (feat. 21 Savage)”
5. エド・シーラン “Thinking Out Loud”
6. メジャー・レイザー、ムー、DJ スネイク “Lean On”
7. ルイス・フォンシ、ダディー・ヤンキー、ジャスティン・ビーバー “Despacito – Remix”
8. ジャスティン・ビーバー “Love Yourself”
9. ジャスティン・ビーバー “Sorry”
10. ザ・チェインスモーカーズ “Don’t Let Me Down”

スポティファイで最も早く10億回再生を達成したアーティスト
1. リアーナ (2013)
2. デヴィッド・ゲッタ (2013)
3. エミネム (2013)
4. カニエ・ウェスト (2014)
5. アヴィーチー (2014)
6. コールドプレイ (2014)
7. ジェイ・Z (2014)
8. ケイティ・ペリー(2014)
9. ドレイク (2014)
10. ピットブル (2014)

世界で最も再生されたアルバム
1. エド・シーラン『÷』
2. ジャスティン・ビーバー『Purpose』
3. ドレイク『Views』
4. エド・シーラン『x』
5. ポスト・マローン『beerbongs & bentleys』
6. ザ・ウィークエンド『Starboy』
7. ドレイク『Scorpion』
8. ザ・ウィークエンド『Beauty Behind The Madness』
9. ポスト・マローン『Stoney』
10. ケンドリック・ラマー『DAMN.』

世界で最も再生された女性アーティスト
1. リアーナ
2. アリアナ・グランデ
3. シーア
4. ビヨンセ
5. ニッキー・ミナージュ
6. アデル
7. テイラー・スウィフト
8. セレーナ・ゴメス
9. ケイティ・ペリー
10. シャキーラ

スポティファイの総再生時間:16,858,080 年
スポティファイで聴くことができる楽曲数:4,000万曲以上
スポティファイで聴くことができるプレイリスト数:30億本以上

サービスを開始した2008年10月の記録
最も再生された曲:コールドプレイ “Viva La Vida”
最も再生されたアルバム:コールドプレイ『Viva La Vida Or Death And All His
Friends』
最も再生されたアーティスト: レディー・ガガ

このランキングの発表に合わせて、スポティファイで過去10年間に最も再生された楽曲を集めたプレイリスト「Decade of Discovery」も公開されている。

プレイリストはこちらから。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ