PRESS

Photo: PRESS

マルーン5は2019年のスーパーボウルで行われるハーフタイム・ショーに出演すると報じられている。

スーパーボウルのハーフタイム・ショーにはここ数年、レディー・ガガ、コールドプレイ、ケイティ・ペリーらが出演しており、今年はジャスティン・ティンバーレイクがパフォーマンスを行っている。

『ヴァラエティ』誌の報道によれば、マルーン5は2019年のハーフタイム・ショーへの出演を求められているとのことで、2人の匿名の情報筋が語っている。バンドの担当者も、NFLの担当者もこの新たな報道にコメントしていない。

マルーン5は2017年6月にアルバム『レッド・ピル・ブルース』をリリースしており、近年は積極的にコラボレーションを行ってきている。“Don’t Wanna Know”ではケンドリック・ラマーと、“Girls Like You”ではカーディ・Bとコラボレーションを行っており、もしマルーン5の出演が決定した場合、今度はハーフタイム・ショーに出演するゲスト・アクトが話題の的となるだろう。

来年のスーパーボウルは2019年2月3日にジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催される。

マルーン5は2019年2月に来日公演を行うことが決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

MAROON5 RED PILL BLUES TOUR
公演日:2019年2月25日(月)
会場:東京ドーム
19時開演
チケット:VIP(グッズ付) :¥38,000/S:¥15,000/A:¥12,000/B:¥10,000(税込)
一般発売日:10月13日(土)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://maroon5-japantour.com/

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ