GETTY

Photo: GETTY

デーモン・アルバーンは新たなゴリラズのアルバムに取り組んでいると明かしている。

ゴリラズは今年6月に最新作『ザ・ナウ・ナウ』をリリースしたばかりとなっていて、昨年4月にも通算5作目のスタジオ・アルバム『ヒューマンズ』をリリースしている。

今回、デーモン・アルバーンは、このハイスペースな創作活動を維持して、すでにゴリラズの新作に取り掛かっていることを明かしている。ただし、2018年中にはレコーディングもリリースもできないという。

「おまけに(ゴリラズのアルバムが)もうひとつあるんだよね。でも今年中にレコーディングしたり曲を発表したりすることは、検討することさえ許されないだろうね」とデーモン・アルバーンはオーストラリアのラジオ局「レディオFM4」のインタヴューで語っている。

「10月はさ、アメリカでライヴをやった後、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンのほうを再開する予定なんだ。だから、分かんないけどね。今の時期の終わりだと思ってるんだ。つまり、すぐそこにあるんだよね。僕に時間があったり、あるいは誰かが求めてくれてたりするならね、すぐそこにあるんだよ」

「レディオFM4」によるデーモン・アルバーンのインタヴューはこちらから(新作については6分40秒あたりから)。

先月、ゴリラズは『ザ・ナウ・ナウ』のリード・シングル“Humility”の新たなリミックスを2曲公開している。このリミックスはそれぞれスーパーオーガニズムとDJコーツェの手によるものとなっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ