GETTY

Photo: GETTY

ディスクロージャーは“Moonlight”という更なる新曲を公開している。

ハワード・ローレンスとガイ・ローレンスによるディスクロージャーは今年5月にカムバック・シングルとなった“Ultimatum”でシーンに復帰を果たしている。ディスクロージャーは現在、2015年にリリースされたセカンド・アルバム『カラカル』に続くアルバムに取り組んでいるものと見られている。

ディスクロージャーは今回“Moonlight”を公開しており、“Ultimatum”に対して「ものすごい反響」があったことから楽曲を公開することにしたという。

新曲“Moonlight”はこちらから。

“Moonlight”はガイ・ローレンスの自宅で作曲とアレンジが行われたとのことで、スウェーデンのアカペラ・グループ、ザ・リアル・グループによる“When I Fall In Love”のカヴァーがサンプリングされている。「ディスクロージャーらしいディープ・ハウスのコードとベースラインを前面に出したものを届けたかったんだ」と彼らはプレス・リリースで説明している。

しかし、プレス・リリースはアルバムのリリースについてはまだ発表できる段階にないこと、当面ライヴは予定していないことにも言及している。

ディスクロージャーは次回作の作曲とレコーディングに集中するために、2015年以来、毎年開催してきた自身のフェスティバル、ワイルド・ライフ・フェスティバルを2018年は開催しないことを先日発表していた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ