Ashley Maile

Photo: Ashley Maile

スティール・パンサーのギタリストであるサッチェルは自身が命名したギター・エフェクターの名前を巡って女性アーティストから批判を受ける事態となっている。

サッチェルはデンマーク発の音響機器/楽器メーカーであるTCエレクトロニックとコラボレーションして、その名も「プッシー・メルター」というプリセットのギター・エフェクターを発売している。現在は削除されているウェブサイトでは説明として次のように述べられている。「我々がスティール・パンサーの極めて謙虚なギタリストと会った時に、彼が求めた条件はたった一つ:最前列の女性たちと同じくらい湿った音でなければならないというものでした」

ジェシカ・フェネリーというロサンゼルスを拠点に活動するギタリストはTCエレクトロニックに商品の撤回を求める請願運動をオンラインで展開しており、ギター・エフェクターの名称について「侮辱的」で「明らかな性差別」だとしている。

これを受けて、ジャパニーズ・ブレックファストは「これはマジでむかつく」とツイートしているほか、カルガリー出身のバンドであるブレイズは請願運動のリンクをツイッターで共有して、「女性ギタリストとして、そして一般女性の一人として、これにはものすごく失望したわ!」と述べている。

テッド・レオは次のようにツイートしている。「女性を雇用して、自分たちの市場が女性のものでもあることを知ってくれ。原始人ども」

サッチェルは2017年3月に公開された動画の中で、「トーンプリント」を紹介する際に「好きなように名前を付けていい」と言われたことを明かしている。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ