PRESS

Photo: PRESS

英バンド・ラッシュが、約20年ぶりにライヴを行うことが明らかになっている。

1998年に解散を発表したラッシュだが、2016年5月6日にロンドンのラウンドハウスで行われるライヴのために再結成する。チケットは9月30日に発売となる。

ラッシュは1987年にロンドンで結成され、1992年に喝采を浴びたデビュー・アルバム『スプーキー』をリリースしている。最後のライヴは1996年9月に東京の新宿リキッドルームで行われている。

エマ・アンダーソン、ミキ・ベレーニ、フィル・キングが再結成に参加する予定で、1996年に自殺で亡くなったクリス・アクランドに代わり、エラスティカのジャスティン・ウェルチがドラムとして参加する。

「ラッシュを再結成させる機会と意味を持つことについて、20年間、取りかかることができなかったの」とミキ・ベレーニは今回の再結成についてこのように語っている。「でも、わたしたちはみんな自分のやってきたことが大好きだし、最終的にもう一度やってみるにはふさわしい時期だったのよ」

ラッシュはワールド・ツアーについては「まもなく発表する」ことを認めている。

バンドのレーベルである4ADはベスト・アルバム『チャオ!』を11月にアナログでリリースするとしており、『コーラス』と題した5枚組のボックスセットも12月にリリースする。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ