GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのフロントマンであるミック・ジャガーは息子のインスタグラムに残す父親らしいジョークや微笑ましいコメントが話題になっている。

ミック・ジャガーは、息子のインスタグラムの投稿のほとんどにチャーミングながらも恥ずかしいコメントをしていることが指摘され、ザ・ローリング・ストーンズのフロントマンも世間にいる父親と変わらないことを証明している。

ツイッターのユーザーであるD・パトリック・ロジャースはミック・ジャガーが息子の投稿にコメントしていることに気がついたとして、次のように綴っている。「10代の息子のインスタにミック・ジャガーが残す父親らしいダサいコメントが俺の新しいお気に入り」

ミック・ジャガーは息子の投稿に「楽しそうだな!」や「クールな写真だよ」などとコメントしているほか、砂浜に立っている写真には「水に気をつけろよ」とコメントしている。

D・パトリック・ロジャースの投稿はこちらから。

一方、ザ・ローリング・ストーンズは現地時間5月22日にロンドンでは5年ぶりとなる公演をロンドン・スタジアムで行っている。

公演は“Street Fighting Man”からスタートして、バンドはヒット曲やファンに人気の曲を幅広く披露している。

セットリストはこちらから。

Street Fighting Man
It’s Only Rock ‘n’ Roll (But I Like It)
Tumbling Dice
Paint It Back
Ride ‘Em On Down (Jimmy Reed cover)
Under My Thumb
Fool To Cry
You Can’t Always Get What You Want
Honky Tonk Women
Before They Make Me Run
Slipping Away
Sympathy For The Devil
Miss You
Midnight Rambler
Start Me Up
Jumpin’ Jack Flash
Brown Sugar
Gimme Shelter
Satisfaction

ミック・ジャガーは先日、ステージに上がる前に自分が行うことについて次のように明かしている。「ライヴの前、楽屋ではリラックスして、くつろぐのがいいんだ」と彼は「AP通信」に語っている。「ライヴの直前は『あー!』という感じになるからね。だから、1分間ほど部屋からみんな出てもらって、落ち着いて、自分の歌い方をやるんだよ」

「ボブ・マーリーなんかをかけて、時々、動き回るんだ。それで、ダンスのウォームアップをするんだよ。あとはダンスのウォームアップのために数曲、最近の曲をかけるんだ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ