GETTY

Photo: GETTY

エルトン・ジョンはアイルランドで行われた人口妊娠中絶の合法化を問う国民投票について言及している。

女優のシアーシャ・ローナンやナイル・ホーランを初め、アイルランド出身のスターたちの多くが、人口妊娠中絶を禁止している憲法修正第8条の改正を問う国民投票への参加を呼びかけ、ナイル・ホーランは次のように綴っていた。「さあ、アイルランド!今日は新たに素晴らしい決断を下す日だ。僕らの国の素晴らしい女性たちを公平に扱って欲しい」

アイルランドでは現地時間5月25日に人工妊娠中絶の禁止の是非を問う国民投票が行われて、人工妊娠中絶を禁止していた憲法修正第8条が改正されて人工妊娠中絶が合法化されることが決まっている。

エルトン・ジョンは今回、ウクライナで行われたエイズの啓発イベントでアイルランドで行われた国民投票の結果について言及している。

『インデペンデント』紙の報道によれば、「信じて欲しいんだけど、僕はこの国が大好きなんだ。エイズと闘い続けるためなら僕らは何だってするよ」とエルトン・ジョンはエレナ・ピンチューク財団が主催のイベントで語ったという。

「僕が言ったようなことが実現するには時間がかかるんだ」とエルトン・ジョンは続けている。「つい最近アイルランドで起きたことを見てよ。中絶を求める国民投票さ。何事も変わるんだ。人だって考え方が変わる。これからどんどん若い世代が出てくれば、彼らは僕らとは違った類の人たちなわけでね。彼らは僕たちの未来なんだよ」

一方、エルトン・ジョンについては先日、映画『イーグル・ジャンプ』で知られるタロン・エガートンが主演を務める自身の伝記映画『ロケットマン(原題)』の公開日が発表されている。

本作の制作については2011年に明らかになっており、脚本は『リトル・ダンサー』で知られるリー・ホールが手がけている。映画については、「神童が音楽界のレジェンドになるまでを追った壮大で英雄的なミュージカル映画」であると説明されている。

配給元のパラマウント・ピクチャーズは『ロケットマン』が2019年5月17日に全米で公開されることを発表している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ