GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズの元ギタリストであるイジー・ストラドリンは自身の再結成への不参加について発言している。

ガンズ・アンド・ローゼズは2016年4月にクラシック・ラインナップでの再結成が実現しているが、アクセル・ローズと共に結成メンバーであるイジー・ストラドリンはこの再結成に参加していない。

今回、イジー・ストラドリンは米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙の取材にEメールで答えており、現行のガンズ・アンド・ローゼズのツアーについて述べている。

「今のガンズ・アンド・ローゼズのツアーは連中にとって大きな成功となったよな。俺の不参加は単に交渉の過程で妥協点に達することができなかったというだけなんだ」と彼は述べている。「それが人生だよ。時にうまくいかないこともあるんだ」

ガンズ・アンド・ローゼズのマネージャーであるフェルナンド・リバイスは、イジー・ストラドリンとの交渉についてコメントを控えているものの、「イジーは親愛なる友人だよ」と語っている。

ガンズ・アンド・ローゼズは6月29日にファースト・アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』をいくつかの形態で再発することを発表している。

『アペタイト・フォー・ディストラクション』は4CD+1ブルーレイ+7枚の12インチLP+7枚の7インチで構成されるボックスセットのほか、4CD+1Blu-rayのスーパー・デラックス・エディション、2CDのデラックス・エディション、1CD、2LPと、フィジカルは全5形態で発売される。

ガンズ・アンド・ローゼズの公式グッズはこちらから。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ