GETTY

Photo: GETTY

ミシェル・ウィリアムズはコーチェラ・フェスティバルでのディスティニーズ・チャイルドの再結成について語り、ビヨンセによるヘッドライナーのステージでのサプライズ出演のため、長時間に及ぶリハーサルを行っていたことについて明かしている。

ディスティニーズ・チャイルドはコーチェラ・フェスティバルの1週目で2015年以来となる再結成を果たし、”Lost My Breath”、”Say My Name”、”Soldier”を披露している。

「まさに天の恵みって感じよね。ビヨンセとケリー、彼女たちは今なおゲームを続けてるのよ。なんと23年間もね」と彼女は再結成について『LAタイムズ』紙に語っている。

「私は18年だけどね。それで私たちが一緒にやるのを観て、みんな今もあんなにも盛り上がってくれるのよ!みんな、『いつツアーをするの? いつ新曲を出すの?』って訊いてくるけど、私たちがアルバムを一緒に作っていた頃から14年も経つのよ。それなのに今も訊かれるのよ」

ミシェル・ウィリアムズは、初めてリハーサルに訪れた際、ビヨンセの手の込んだパフォーマンス・プランの全貌を知って、どれだけ圧倒されたかについて語っている。

Beyoncé Fanpageさん(@beyhivelicious)がシェアした投稿

「最初は私はこんな調子だったの。『ビー(ビヨンセ)、ちょっと行って楽しみましょう。みんなあなたを見たらとても興奮するわ』ってね」

「それで初めてリハーサル会場に足を踏み入れて、あの巨大なピラミッドを観たの。端から端まで人で埋まっていて、『一体これは何? ただ楽しんだらいいって言ったでしょ!』って言ったわ。けど、彼女は私たちにとって普通のことを決してやらない人なの。そして、それこそが彼女にとっての楽しみなのよ」

厳しかったリハーサルについて、彼女は次のように続けている。「全員が本当に最善を尽くすために、お互いで力を合わせたわ。ビヨンセが何かをやる時というのは、彼女にできることだったら、ステージ上の全員ができる、ということを知っているからよ。なかには、他の人よりも少し長くリハーサルをしなくてはならなかったり、少し長いパートを練習しなくてはならない人もいたかもしれない。でも、彼女はみんなが一員だということを示してくれたの」

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿

「150人とか、200人とか、どれだけ多くの人がステージに上がったかを知ってるけど、彼らは全員家へと帰って、人生が変わると思うわ。みんな、ビヨンセの職業倫理を目の当たりにしたわけだから」

継続的なディスティニーズ・チャイルドの再結成は起こりそうにはないものの、彼女たちは親密であるからこそ、いつでも互いに計画について話し合うことができるという。

「私は今年の1月にロサンゼルスに引っ越してきたばかりよ。やっと彼女たちがいるところに来ることができてとても幸せだわ」とミシェル・ウィリアムズは語っている。

「ケリーは、私の家から車で4分のところに住んでいるのよ。そしてビーはぴったり17分。だから、私たちはいつでも顔を合わせられるわ。好きな時にね」

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ