GETTY

Photo: GETTY

ジョニー・マーは来たるソロ・アルバムのタイトルが『コール・ザ・コメット(Call The Comet)』となることを明かしている。

元ザ・スミスのギタリストで現在はソロとして活躍するジョニー・マーは、現地時間3月12日に自身のソーシャル・メディアを更新し、新たなアーティスト写真とソロ3作目となるアルバムを予告している。

ジョニー・マーは次のように綴っている。「3作目のアルバム。コール・ザ・コメット。ニュースも間もなくだよ。JohnnyMarr.comに登録してくれ」

Album 3. Call The Comet. News coming soon. Sign up at JohnnyMarr.com #CallTheComet

Johnny Marrさん(@johnnymarrgram)がシェアした投稿 –

ジョニー・マーは先日、『NME』に新作について次のように語っている。「これまでのソロ2作品でのバンドとやっている僕を知っていれば、どういうものになるか分かるはずだよ。ただ、今回のは少しエモーショナルで、ブッ飛んでて、ドラマティックなんだ。歌詞も少し深くなっているしね。ほとんどは外的なことについての曲なんだけど、アルバムにはいくつか僕なりのパーソナルな楽曲も入っている。最近は目に入ってくる報道以上に、社会について考えなければならなかったからね」

彼は次のように続けている。「(SF作家である)H・G・ウェルズ的な要素も入っているんだ。20世紀初期の興味深い作品をたくさん読んでてね。必ずしもユートピアではないんだけど、新たな社会を想像させてくれるんだ。そういう理由で、去年の初めにハマることになったんだよ」

「世間で目にする報道や解釈のようなあまりに荒涼なものにするよりも、むしろこれまでの2枚の心理地理学の側面は維持しながら、もう一度想像しなければならなかったんだ。くだらないなことに僕のクリエイティヴィティを汚染されたくないからね」

ジョニー・マーは昨年、女優のマキシン・ピークと共同で英国のホームレスの問題をテーマにした新曲“The Priest”をとそのミュージック・ビデオを公開している。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ