GETTY

Photo: GETTY

カサビアンはNMEアウォーズ2018の授賞式でリアム・ギャラガーが自分たちの音楽に与えた影響について語っている。

今年のNMEアウォーズではリアム・ギャラガーがゴッドライク・ジーニアス賞を受賞しているが、彼が与えた影響についてカサビアンは答えている。

「彼はものすごい存在だよ」とサージ・ピッツォーノは語り、「リアムは素晴らしいよね」とトム・ミーガンも続けている。「もしリアムがいなかったら、僕らは存在していないよ。彼がいかに僕の人生において大切な存在かを語るには、2時間のセラピー・セッションが必要なくらいだよ」

サージ・ピッツォーノは続けて、1996年に行われたオアシスのメイン・ロード公演でリアム・ギャラガーがアンブロのジャージを着ていたのを観て以来、学校にジャージを着ていくようになったことを明かしている。

サージ・ピッツォーノは続けて冗談でリアム・ギャラガーと寝たことがあると話し、「すごく毛深ったね」と語っている。

続けてバンドとして新曲に取り組んでいるかと訊かれると、サージ・ピッツォーノは「順調だよ」と答え、ドクター・ドレと取り組んでいるんだと再び冗談を飛ばしている。

「僕もそれは知らなかったから、僕から教えられることはないよ」とトム・ミーガンは続けている。

インタヴューの様子はこちらから。

カサビアンは今年のNMEアウォーズで最優秀ライヴ・バンド賞を受賞している。

レスター出身のカサビアンは2017年も素晴らしい1年を過ごしており、最新作の『フォー・クライング・アウト・ラウド』を引っ提げて、バンドとして2度目となるレディング&リーズ・フェスティバルのヘッドライナーを務めている。

最優秀ライヴ・バンド賞を受け取るにあたり、フロントマンであるトム・ミーガンは次のように語っている。「みんな、ハッピー・バレンタイン・デー。とても意味のある受賞だよ」

サージ・ピッツォーノはまた小規模なライヴハウスを讃え、次のように呼びかけている。「ライヴ会場を生き続けさせないとね。俺たちはロックンロールを愛してるからさ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ