GETTY

Photo: GETTY

スパイス・ガールズのメラニー・チズムはスパイス・ガールズの再結成について初めて公の場で言及し、再結成を隠していたことについて「ショウビズ界における公然の秘密」だったとしている。

スパイス・ガールズは現地時間2月2日に会談を持ち、テレビ番組や宣伝、ベスト・アルバムなど来たる一連のプロジェクトについて話し合ったことが報じられている。

Great catch up with my girls! #bffs always ❤️❤️❤️❤️❤️ the future is looking spicy!

emmaleebuntonさん(@emmaleebunton)がシェアした投稿 –

メラニー・チズムは今回、BBCラジオ2のダーモット・オレアリーの番組に出演して次のように語っている。「何が面白いかって、残念ながら私たちはプレスを通じてしか何もできないっていうことなの。ショウビズ界における公然の秘密だったでしょう?」

メラニー・チズムは「一緒に活動することを嬉しく」思っており、スパイス・ガールズが将来的な「可能性やアイデアについて話し合っている」としながらも、「まだスタートの段階で何も決定していない」ことを明かしている。「大きな発表は何もないの」と彼女は語っている。「だけど、スパイス・ワールドに戻れるのは嬉しく思うし、みんなの反応を見るのは素晴らしかったわ」

スパイス・ガールズは2月2日の夜に広報担当者のジョー・ミロイを通して新プロジェクトに取り組むことを認める声明を発表している。「私たちは今日の午後、近況報告をして、一緒に過ごした素晴らしい時間を振り返る、いい時間を過ごしました」

「スパイス・ガールズに対して世界中でどれだけの関心を持っていただいているかということに私たちはいつも圧倒されています。今回、途轍もない新しい試みを追求するのにふさわしい時期だと感じています。私たち全員はもう一度スパイス・ガールズのオリジナルのエッセンスを見せていく、たくさんのエキサイティングな可能性を持つことに合意しました。今後の世代に対して女性を後押ししていくメッセージを発信していきます」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ