GETTY

Photo: GETTY

ロバート・プラントはレッド・ツェッペリンのバンドメイトであるジミー・ペイジと再びレコーディングを行うかどうかについて語っている。

今年は1968年にロンドンで結成されたレッド・ツェッペリンにとって結成50周年となる。ジミー・ペイジとロバート・プラントに加え、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジョン・ボーナムがオリジナル・ラインナップとなっている。

ジミー・ペイジとロバート・プラントは2007年にロンドンのO2アリーナでライヴを行っているものの、ロバート・プラント以外のメンバーはツアーや新曲への取り組みを望んだものの、ロバート・プラントは他のツアーなどが忙しいと活動を断っている。

ルイヴィルのラジオ局「91.9 WFPK」のDJであるカイル・メレディスに対してロバート・プラントは、ジミー・ペイジとロバート・プラントが一緒に何かに取り組むかどうかは「まったく分からない」と語っている。「想像するのさえ支持できないね」

カイル・メレディスがファンは今もバンドを「心の中で大切に思っている」と指摘すると、ロバート・プラントは次のように応じている。「僕もだよ。僕以上の人はいないね。でも、ひどいものにしたくないんだよ」

インタヴューの音源はこちらから。

昨年、ジミー・ペイジはレッド・ツェッペリンが結成50周年を迎えるのを受けて「ありとあらゆる驚くべきこと」が起こると予告している。

アカデミー・オブ・アチーヴメントのインタヴューでジミー・ペイジは、残っているメンバーで2018年の節目を祝福するつもりだと語っている。「レッド・ツェッペリンの商品が出る予定なんだ。きっとみんなが聴いていないものなんだけどね。だって、僕は今それに取り組んでいるからね」

彼は次のように続けている。「来年は結成50周年だからね。ありとあらゆる驚くべきことが起こるよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ