GETTY

Photo: GETTY

ビースティ・ボーイズのマイクDはアドロックことアダム・ホロヴィッツと共に取り組んでいるビースティ・ボーイズの回想録について最新情報を語っている。

ビースティ・ボーイズはこの回想録に少なくとも2013年から取り組んでおり、当時ランダムハウスのシュピーゲル&グラウと出版契約を結んだことが報じられていた。しかし、2015年秋の刊行が当初予定されていたものの、回想録は完成していない。

「Beats 1」の番組に出演したマイクDは回想録について次のように語っている。「実際、完成させようとしているところでね。ようやく出るよ」

彼は次のように続けている。「僕たちがこれまでに乗り出してきた多くのことと同じように、出だしの方向性でつまづきがあったんだ。それは僕らがとるべき方向性ではなかったんだよね。でも、今年の秋には出る予定だよ」

先月、アダム・ホロヴィッツは父親で脚本家のイスラエル・ホロヴィッツに対して性的不品行の訴えがあったことを受けて、それに対して発言している。

9人の女性が『ニューヨーク・タイムズ』紙でイスラエル・ホロヴィッツから性的被害を受けたことを訴えており、そのなかにはアダム・ホロヴィッツの高校時代の恋人も含まれている。ジョスリン・マインハートは19歳だった1989年にレイプされたと主張している。

これらの訴えを受けて、アドロックは「僕の父親への訴えが事実だと考えており、これらの訴えをした女性を支持する」と述べている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ